ブログランキング72

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1539
  • 読者 2297
  • 昨日のアクセス数 3299

小説)女心と空模様183

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/30 20:47:24

  • 97
  • 0

「お母さんと何話したの?」
「うーん……」
腕を組み少し考える彼。
「わがままで、頑固なところもあるけどよろしくって…」
「何それ……わがまま?」
彼を見ると、小さく笑う。
「わがまま…じゃないよ?」
「でしょー?もう失礼しちゃうわ!」
彼の笑い声が部屋に響いた。

「じゃあ、行くか!」
「うん」
彼はジーパンにセーターのラフな姿。二人で家を出た。彼の実家までは車で2時間ほど。郊外の田舎町にある。途中でスタバに寄って、コーヒーとフラペチーノを買った。

車の揺れて、だんだんと眠気が強くなる。彼の話に相づちをするのがやっとだ。
「眠たくなってきた?」
「……ん?…うん……」
「じゃあ…後ろのコートかけて少し寝なさい…」
後部座席の彼のコートを手に取り、肩からかける。私の膝下まですっぽり覆われた。チラリと彼を見る。その横顔はいつもと同じように素敵だ。
「かっこいい……」
「ん?」
彼が私をチラリと見た。頭に大きな手の感触。
「着いたら教えてやるから」
「ん…」
とても心地よい手。彼に頭を撫でられるのはとても好き。

私は目を閉じる。
「おやすみ…」
彼のハスキーな声が聞こえた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「オマールの親父はくせ者だったな…。イランからの移民したての...

  2. その日は彼と一緒に、城崎温泉へドライブした。温泉に浸かり、...

  1. そのまま 彼と 地下の駐車場に行く停まってるのは 高そう...

  2. 決意①

    2014/05/01

    目が覚めた。時計を見ると5時半。眠れたような…眠...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 夫の鞄からサイズが違う指輪発見
  2. 婚活後 LINEブロックされ驚き
  3. 今までの人生で「最大の過ち」は

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3