セフレに片思い

  • 記事数 34
  • 読者 24
  • 昨日のアクセス数 8

テーマ:恋愛 > 片思い

2016/11/30 19:27:18

  • 0
  • 0

純君家に到着。
ドキドキしながら部屋に入る。
広い!しかも、綺麗に片付いている。

緊張してあわあわする私をよそに、「もう寝よっか」と純君。
なにも言ってないのにスウェットを取り出し、渡してくれた。
お礼を伝え、洗面所で着替えを済まし、ベッドへ向かう。
純君はもうベッドに横になっていて、隣においでと手招きする。
少し距離を空け、ベッドに入る。
布団をしっかり掛けてくれ、微笑みながらおやすみ〜と言い、そのまますぐ寝てしまった純君。
なにか起きたらどうしよう、そんなことは心配ご無用だった(笑)

普段ならこんな状況の中寝れるはずもないが、久しぶりの酔いのせいか、純君がすぐ寝て変な緊張が無くなった安堵感からか、会ったばかりの男性の部屋にも関わらず、私もそのまま朝まで熟睡。

朝になり、目を開けるとすぐ横に純君の顔があり驚く。
腕枕をしてくれていることに気づく!

驚きながらも、思わずニヤける。
改めて純君のことを好きだと感じた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そんなドキドキも束の間。隣でショウちゃんはコクリ…。...

  2. いつもワンコと寝てるナオトさん。「最近こいつ、布団の中に...

  1. 「ん・・・」翌朝、彼のスマホの目覚まし音にうっすら目を開...

  2. ホテルに入り、タッチパネルを見てるとあっくんがこちらをチラチ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/27 編集部Pick up!!

  1. 斜め横断中に知らない人から罵倒
  2. 「ピアノ講師」が感じる大事な事
  3. 授乳中にひっかかれ断乳考える

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3