セフレに片思い

  • 記事数 21
  • 読者 6
  • 昨日のアクセス数 38

テーマ:恋愛 > 片思い

2016/11/30 19:18:20

  • 1
  • 0

失恋のショックを隠しつつ、
たわいもない会話をする純君と私。
笑顔で話していたが、実際は泣きそうだった。
久しぶりの恋が、こんな形でこんな短時間で終わるなんて…

そろそろお開きの時間ということに。
お会計の時、お金払いますというがいいからと奢ってくれた。
お礼を言いつつ、外へ。

そこでまさかの事態が発生。
こうき君に手を引かれ、タクシーに一緒に乗り込む愛ちゃん。2人は夜の街へと消えた…。
今までの飲み会で、こんなことは無かったため唖然とする私。
終電はもうない、車の鍵は愛ちゃんが持っている。
よく知らない街に取り残された哀れな私。
なんて日だ…

純「俺ん家においで?」

止むを得ず、純君のお家にお泊まりさせてもらうことに…。
失恋したばかりの相手。
顔を見るのもツラい、だけど一緒にいれて嬉しい…。
ドギマギしながら、純君のお家へタクシーで向かう。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. Another st...

    2014/12/15

    純花は不思議な気持ちだったあんなに覚悟して伝えたのに…...

    move on

    • 25
    • 0
  2. 誕生日

    2015/04/17

    純の誕生日…それは最後の日この日は夕方から会った家...

  1. ぬくもり

    2015/09/28

    純君の心配そうな顔に驚いた…でも嬉しかったのぞみちゃ...

  2. 「何それ?どういうこと?」あいちゃんが身を乗り出す私は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫が無痛分娩をよく思っていない
  2. 親に反対され仕事を辞める45歳
  3. 義両親を「早く死んで」と思う嫁

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3