ブログランキング2

不器用なわたしたち

  • 記事数 141
  • 読者 558
  • 昨日のアクセス数 51594

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 18:31:11

  • 46
  • 0

公園のベンチでしばらく話していて、
お腹が空いたという長瀬に付き合って近所の中華屋へ行った。

私が注文した瓶ビールとグラスが運ばれてきた。

「飲む?」

「イヤ、今日この後また勉強するからやめとく。」


ビールを注ごうしてくれたけど、手酌で良いからと断った。

長瀬がガツガツ食べる姿を見ながら、私はビールを飲んでいた。
周りから見たら変な光景だろうな(笑)


家が近所なので、もちろん帰りも一緒。
ブラブラ歩いていると


「おまえ、その服装いけてない。」

「は?」

「いくら近所だからってその色気のないハーフパンツはないだろう。」


「だってお土産渡すだけだと思ったし。」


私はパーカーとハーフパンツの上下にスニーカーだった。


ビールも飲んでほろ酔いだったので
歩きながら暑くてパーカーの袖をまくっていたら


「脱げば?」

と不思議そうに長瀬に言われた。


「いや、この中Tシャツとか着てないから。」





はははと笑っている私をゲンナリした顔で見る長瀬の顔は今でも忘れられない。



それから私たちはちょこっと会ってごはんを食べたり、公園でしゃべったりするようになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 75

    04/26

    長瀬が帰ってきた。「買い出し行くかー」車でショッピン...

  2. お腹が満足な長瀬家ご一行(稲穂さんはお友達とお昼ありのお出...

  1. 35

    02/28

    チラホラ帰り出して、最終的に相田さんと長瀬と私の3人になっ...

  2. 9

    2016/12/01

    寒くなり始めて会う回数も減り、受験シーズンに突入した。メー...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3