不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 8

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 18:31:11

  • 3
  • 0

お腹が空いたという長瀬に付き合って近所の中華屋へ行った。

私は瓶ビールと餃子を注文した。
長瀬はガッツリ注文した。

瓶ビールとグラスが運ばれてきた。

「飲む?」

「イヤ、今日この後また勉強するからやめとく。」


ビールを注ごうしてくれたけど、手酌で良いからと断った。

北海道の話とか勉強の話とか他愛も無い話をし、所要時間およそ30分ほどでお店を出た。


家が近所なので、もちろん帰りも一緒。笑
ブラブラ歩いていると


「おまえ、その服装いけてない。」

「は?」

「いくら近所だからってその色気のないハーフパンツはないだろう。」


「だってお土産渡すだけだと思ったし。」


私はパーカーとハーフパンツの上下にスニーカーだった。


ビールも飲んでほろ酔いだったので
歩きながら暑くてパーカーの袖をまくっていたら


「脱げば?」

と不思議そうに長瀬に言われた。


「いや、この中Tシャツとか着てないから。」





はははと笑っている私をゲンナリした顔で見る長瀬の顔は今でも忘れられない。



それから私たちはちょこっと会ってごはんを食べたり、公園でしゃべったりするようになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 乾杯

    06/04

    川田さんの目の前に生ビール。私の前には梅酒ソーダ割り。グラス...

    深みへ

    • 21
    • 0
  2. 高校を卒業して私はブスのまま東京に出てきた。卒業をしたら...

  1. 私はお酒を飲むのがスゴく遅い。さらに炭酸のものは苦手だっ...

  2. 狭い個室に案内されて向かい合って座るアタシのスカートの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 男性に「可愛い」と言われたが
  2. 交際する人が毎回「問題アリ」
  3. 「おばさん」と呼ばれる覚悟ない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3