不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 8

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 18:17:49

  • 3
  • 0

北海道から帰って来て
長瀬にメールした。




直ぐに返事が来てその日の夕方
近くの公園で会う事にした。

ベンチに座ってボーッと野球をしている子供たちを眺めていたら眼鏡姿の長瀬が隣にドカっと座った。

「お待たせ。家に勉強道具置いて来たからちょっと遅くなった。」


朝から毎日図書館で勉強してる彼のリュックサックは登山者のバックパックかと思われるくらいいつも大荷物
だった。

渡したお土産の中身見て固まった。


「ごめん。。。おれ甘いの食えない。」



「うっそ!こっちこそごめん。確認すれば良かったね。わーほんとごめん。良かったら彼女かご家族にでも渡してよ。」



「いや、せっかくだしちょっと食ってみる。」



ガサガサとホワイトチョコの包み開けて一口かじった。



「甘んめ〜」


「無理しなくていいよ。笑」



食べかけのチョコを私が貰って一口で食べた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は別れ話をするつもりだった。今までのお礼にチ...

  2. チョコを買いに出かけたガーナ発見一枚手に取るふとと...

  1. 仕事終わって、急いで翔太の家へ一応公園をチラッと見てみる...

  2. 公園に着くと、ヨッチはまだ着ていなかった。ちょっとお腹が空...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/25 編集部Pick up!!

  1. 夫のLINE友達に「嫁です」と連絡
  2. 婚活サイトからの交際結婚前提か
  3. 子を保育園に入れ就活するも全滅

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3