コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 146
  • 昨日のアクセス数 98

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 17:37:47

  • 18
  • 0

入院手続き、手術同意書、手続き完了。

先生が
「誰も来てないの?」
と不思議な顔をしていた。

「はい^^*」
普通に答える。


出産時、母の存在を乞うたことを思い出す

あのころと比べるとずいぶん強くなったもんだ^^*

改めて手術の説明を受ける
今回の手術は局部麻酔。

私は注射が苦手だ。
痛いのが怖い
先端が怖い

先生に聞いてみた。




「麻酔……痛いですか?」






「スズメバチに刺されたくらいかなぁ?」





わかりませーん(笑)(笑)(笑)





程なくして手術が始まった

手術室には院長と副院長がいた。
執刀医は副院長。


ベットに座ったまま看護師さんにしがみつくスタイルで
腰にブスっ。
注入。
顔をしかめて我慢。



第一関門突破!


副院長がカチャカチャと器械を触る音が聞こえる。

院長が私の顔を覗きながら
太ももをつねる。

「痛いっっ」

「え?痛い?」

「はい。」

何度か繰り返したが結果は同じ。

強行突破しかなかった。

軽いパニック状態になりながらも無事手術は終了。




後から聞いた話だが、私のように麻酔の効きが悪いのは特別なことではなく、知人にも同じような経験者がいた。





とにかく

終わった~~~(*¯︶¯♥)

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翌日は診察日。大腸カメラご苦労さまー。映像みせてもら...

  2. 夫から 母にお歳暮のお礼の電話を入れてもらった時に母...

  1. 皆さんお元気でしょうか?私は術後の最後の通院も終わり・・...

  2. 先日、別のがん検診で、「がんになった反対の乳房、健診が必要で...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3