不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 8

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 16:39:38

  • 2
  • 0

それからしばらく長瀬の存在も忘れて日々暮らしていた。

北海道へ旅行に行っいる時長瀬から携帯に電話が掛かってきた。

番号を交換して初めてだったので何かあったのかと驚いて直ぐに出た。



「も、もしもし?」



「あ、長瀬…です。分かる?」



ちょっと元気無さげな気がした。



「どうしたの?」



「今何してる?暇ならちょっと飲まないかなぁって。」



「ごめん。今北海道来てるんだ。」


「え?マジで?!邪魔してごめん。もう切るわ。」



「あ、いいよ。今部屋だし。勉強行き詰まった?」


「まぁ勉強はボチボチだよ。ちょっと酒飲みたくなって。」


「そか。帰ったら飲もうよ。お土産買って帰るし。」


「ん。サンキュ。じゃ。」



ほんの数分の会話だった。



男っ気のない私が男の子と電話してる事に友人たちは驚き冷やかされた。



私は心底あり得ないと否定した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 番号交換して 数日たった時「もしもし 今 ちょっと ...

    赤い糸

    • 70
    • 0
  2. 失敗⑤

    2015/10/13

    ごめんごめん。電話気がついていたんだけど。サバンナ...

  1. 佐伯さんへの思いを必死で抑え込んで免許を取るための勉強...

  2. ジェニファーは一週間サンフランシスコに滞在した。アブドゥ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 家の中でも常にポシェットする夫
  2. 「無視」指令で親友が離れた
  3. 「容姿と恋愛」は関係あるか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3