不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 12
  • 昨日のアクセス数 10

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/30 16:39:38

  • 2
  • 0

それからしばらく長瀬の存在も忘れて日々暮らしていた。

北海道へ旅行に行っいる時長瀬から携帯に電話が掛かってきた。

番号を交換して初めてだったので何かあったのかと驚いて直ぐに出た。



「も、もしもし?」



「あ、長瀬…です。分かる?」



ちょっと元気無さげな気がした。



「どうしたの?」



「今何してる?暇ならちょっと飲まないかなぁって。」



「ごめん。今北海道来てるんだ。」


「え?マジで?!邪魔してごめん。もう切るわ。」



「あ、いいよ。今部屋だし。勉強行き詰まった?」


「まぁ勉強はボチボチだよ。ちょっと酒飲みたくなって。」


「そか。帰ったら飲もうよ。お土産買って帰るし。」


「ん。サンキュ。じゃ。」



ほんの数分の会話だった。



男っ気のない私が男の子と電話してる事に友人たちは驚き冷やかされた。



私は心底あり得ないと否定した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夏休みも終わり陵君と藤君は本格的に受験モードで勉強漬け。...

  2. 「連絡出来なかったお詫びに、夕飯は俺が作るから、カリンはゆっ...

  1. Midnight c...

    2015/07/09

    通話ボタンを押したあと、無機質な呼び出し音が続く……...

  2. 失敗⑤

    2015/10/13

    ごめんごめん。電話気がついていたんだけど。サバンナ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3