不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 12
  • 昨日のアクセス数 6

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/30 16:32:39

  • 1
  • 0

「あのビデオ屋でバイトしてんだ。」

「うん。あんまり入ってないけど。」

「じゃぁもうエロいの借りにいけないな。笑」

「いいよ。今度無料券あげるよ。笑」


ぶっきらぼうだけど、意外と話しやすい。


歩きながらお互いの事を質問しあった。
長瀬は浪人生だった。
私は大学生だった。

初対面に近いぐらいお互いの事を知らなかった。
家も驚くくらい近かった。
よく今迄会わなかったものだと笑った。



「飲みに行く約束覚えてる?」

「うん、覚えてるよ。受かってから盛大にお祝いしようよ!」


「おう、そだな。また連絡する。」

「勉強頑張ってね!」


そんな感じで私の家まで送ってくれた。

同じテーマの記事

  • 311/30
  • 211/30
  • 111/30

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 3

    04/13

    バイト先のメンバー同士は仲が良く、よく飲み会が行われていた...

  2. バイトの用意をして家を出た。小林君の家はバイトへ行く...

  1. 彼と出会ったのは1ヶ月ほど前。ツーショットチャットでの...

  2. 2年になってから私が「かっこいいー!」ってよく言っていた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/24 編集部Pick up!!

  1. まるで独眼竜正宗サングラス
  2. 園の親子参加行事が多くて苦痛
  3. 不倫する女性は日本から出て行け

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3