不器用なわたしたち

  • 記事数 24
  • 読者 14
  • 昨日のアクセス数 5

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/30 16:23:33

  • 2
  • 0

バイトが終わって歩いて帰っているとちょうど居酒屋の前で大学生風の団体が道をふさいでいた。



迂回して暗い道を通るのも嫌だったので

「スミマセン」と一声掛けて通らして貰ったら突然後ろから抱きつかれた。

ビックリして声も出なかった。
若者の完全な悪ノリだ。


「離してください。」


酔っ払いはヘラヘラ笑っていた。

オイオイと言って誰かが引き剥がしてくれて何とか解放された。
その人はこちらが恐縮するぐらい謝ってくれて
抱きついてきた本人は道路にペタンと座り込んでいた。

謝ってくれた人に一礼し、
早くそこから移動したくて、ささっと歩き始めたら居酒屋の入口から長瀬が出てきた。



「あ、宮沢…さん」

「あ、長瀬...くん」


さっきの人が一連の件を話すと長瀬は血相を変えて謝り、おまけに家まで送る言って聞かなかった。


成り行きで一緒に帰る事になったものの、特に会話がない。

困った。。。

同じテーマの記事

  • 211/30
  • 411/30
  • 111/30

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. メイ「お待たせしました」家の前で待っていた陵君に話しかけ...

  2. 12/09

    泣きながら帰っていく淑子さんの腕を掴み引き留める「離して...

  1. 「いや〜! 焦ったよ、急に発進したから〜」アブドゥールは...

  2. その日、グラウンドで片付けをしていると、サトシ先輩に話しか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3