不器用なわたしたち

  • 記事数 19
  • 読者 13
  • 昨日のアクセス数 15

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/30 16:16:29

  • 3
  • 0

連絡交換をした事も忘れるくらい随分日が経ったある夏の日、私はいつもサボってあまりシフトを入れないレンタルビデオショップのアルバイトをしていた。

そこそこ忙しくてお客さんの顔ロクに見ずレジをしていた。



カウンターに置かれたビデオを機械的に処理をする。
レジを通した会員証が期限が切れていた。
ピーっと音が鳴る。


「本日身分証などお持ちですか?」

と顔を上げたら長瀬が立っていた。



長瀬は何やら彼女と一緒にカウンターの上に釣っているモニターの映像を見ながら話していた。


「え?あ。」


私に気づいてビックリしていた。

「め、免許証がある。」


なんとなくここは知らない体の方が良いのかなぁと感じた。

ほんとなんとなく。


「ご提示お願いします。」

マニュアル通り一連の作業をこなした。


「ありがとうございました。」

長瀬は一瞬何か言いたげだったけど、私はそのまま次のお客さんを接客した。

同じテーマの記事

  • 311/30
  • 111/30
  • 411/30

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 知り合いのお店で1人お酒。豊田さんに見せれる携帯。...

  2. ディナーはフランス料理秋の食材をふんだんに使ったコース都...

  1. 先日の雪で❄️⛄️❄️そろそろ床暖房の準備のため灯油を...

  2. 見た目40代の女性は大急ぎで買い物をしたかったのでせぅ。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 姑に子の服装チェックされ息詰る
  2. 認知症の義母に腹が立ってきた
  3. ギャンブルする人に金を貸し後悔

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3