コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…只今、お話休止中…たまに短編書きます…

  • 記事数 3316
  • 読者 267
  • 昨日のアクセス数 1190

好きになっても良いですか?サトシの場合80

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/30 21:00:26

  • 14
  • 2

………










姉貴に聞かれて


チヒロは返事をした



「違います!学生です。」



ホッ…



「大学生?」


姉貴が聞き返すと


俺が止めようと
口を抑えようとする前に


「高校生です。」



チヒロが答えてしまう



「!!」



姉貴の顔が明らかに変わった


「サトシ!!あんた何してるの?
高校生をたらし込んで!!」



いきなり
胸ぐらを掴まれた…


昔から俺には厳しい姉貴…



「お、お姉様。
サトシさんはたらし込んでいません!」


チヒロが止めに入った


「私の方が好きと告白したんです。」


「えっ?もしかして
あんたたち同じ高校なの?」


「そうです。」


「ったく!馬鹿サトシ!
うちの一族から…犯罪者が出たわ…」


「サトシさんは悪くありません。
私が好きでやっと付き合ってもらってます。」


「チヒロちゃん…悪いことは言わない。
サトシとは別れて?」


「姉貴!!ちょっと待って!
俺とチヒロが付き合ってることは
チヒロの両親も知ってるんだ…」


「なんですって?!…有り得ない…
大事な娘をこんな男に…」



こんな男って
一応姉貴の弟なんですが…




「お姉様?」



「チヒロちゃん?お姉様は
くすぐったいから、サワさんと呼んで?」



「はい、サワさん。」



「嬉しいわ。こんな妹がいたら。
弟より妹が欲しかったのよ~」



「せっかくですので、朝食いががですか?
サワさんもご一緒に。」



ナイスタイミングだ!!
チヒロ…



「そうね?お腹空いたわ…

チヒロちゃん、何かあったら
私に連絡して。私はチヒロちゃんの
味方だからね。」



そう言って、メモを渡す。
多分電話番号だろう…



「はい!わかりました。
ありがとうございます。

さぁ、朝食にしましょう!」



チヒロは先にキッチンへと行ってしまう…



「サトシ、あんたチヒロちゃんを
悲しませることしたら、
私が許さないからね!」



「姉貴?俺いくつだと思ってるんだよ?
25だよ?」



「何言ってるの?私にとっては
あんたはいくつになろうが関係ないの!

出来の悪い弟のせいでお腹空いてきたわ。」


姉貴もキッチンへ行ってしまう…



はぁ…


ため息が出てしまう…









………

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. コウさん(99歳)ID:5690016・11/30

    先生♪

    低かったのね…この壁は

    厳しい姉なんだけどね
    サトシにとっては^^;

    これ以上は…ダメ^^;

  2. 篠原秋斗:エスさん(99歳)ID:5689753・11/30

    何だ何だ…姉貴の壁も壁では無い

    飛び越えられる程度のハードルだった

    もっと厳しい奴は登場しないのか?

    😎

関連するブログ記事

  1. ………げっ!!何で?連絡...

  2. ………※「好き良い」のお話に戻ります(*^^*) ♪...

  1. 「はぁ?」「尾白一馬が私より幸せなんて、あり得ない。」...

  2. 俺と姉貴2

    2014/06/30

    俺は、頭をカキカキしながら姉貴の待つリビン...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/26 編集部Pick up!!

  1. 園の親子参加行事が多くて苦痛
  2. 夫が「嫁は一番下の立場」宣言
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3