いとしいひと。

結婚するまでの忘れられない恋。 忘れられない人と恋をした記録。

  • 記事数 89
  • 読者 88
  • 昨日のアクセス数 80

2016/11/30 14:16:36

  • 11
  • 0

ある朝

彼の家に泊まって
明け方


ふと目を覚ます

体を起こすと胸に冷たいものが触れた



そこには

いつも彼がつけていた指輪が
チェーンにかけられて

首についてた。



わたしがそれを見つめてると

彼も目を開けて

「りほがつけといて。
俺が17からつけてる御守りみたいなもんだから。」


「そんな大事なものいいの?」

「俺にとったら、りほが一番大事だからね。」


「…ありがとう」


「…俺重いね…笑」


「そんなことないよ、嬉しい」






「こんな好きになって、どーしようかね…」

って白む窓の外を見ながら
呟くように言った。



彼の横顔が綺麗で


見つめてると


「…穴開くよ…笑」って笑って


優しくキスをくれた。




「なんでそんな色気あるの…ズルイなぁ…」
私が言うと

「りほもあるよ、自分じゃわからないだけ」



そう言うと、私の身体に触れた。


彼とするのは
もう痛みはないけれど

いつだって緊張する…


“なんでそんなに恥ずかしがり屋さんなのかねぇ”って


よく言ってたね。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ゆびわ2

    2016/11/11

    ずっと前にも彼に指輪が欲しいって言ったことがある。そのと...

  2. 「そんな大事な物……いいんですか?!」「うん。ミ...

  1. 95.☆火♪

    2015/08/28

    まるで体に火がついたように求めあった。肌を重ねる度に熱を増...

  2. 「指輪かも‥」と思った。その時も、やっぱり指輪はま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3