先輩に恋をして

先輩に恋をして、笑って泣いて。 ほとんど実話、大学編。 私が恋するのはどの先輩?

  • 記事数 183
  • 読者 233
  • 昨日のアクセス数 2386

徹くんと帰宅③

しおりをはさむ

2016/11/30 13:04:56

  • 49
  • 0

乗り込んだ電車は満員。

ぎゅうぎゅうだった。

なんとか乗り込んだはいいけど狭い。


普通、女子を先に乗せるでしょ?
と思ったけど言わずに徹くんの後に続いた。


扉が閉まる。

ギリギリすぎて服が挟まるかと思った。


扉が閉まると同時に回りの人たちが気を緩ませたのか一気に押される。

ぐぇってなることを覚悟と、、


バンっと徹君がドアに手をついた。

向き合ってはないもののいわゆる
壁ドン。

盾になってくれた。


「せま」

「激混みだね」

「お前しんどくねーだろ」

「えー、なんか圧迫感あるよ」

「生意気」

そう言うと頭をべしっとされた。

「ったぁ、、暴力反対」

「生意気すぎなんだよ」

「私を守ろうと盾になってくれてありがとう?」

「はぁ」

「勘違い乙」

「え?」

「つり革が埋まってんだよ」

「な、なるほど」

「バカじゃねーの?」

「お礼言って損した!!損したー!!」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 1歳娘が左利き 矯正するか悩む訳
  2. 忘年会で泥酔した彼氏にドン引き
  3. 子作りに妻の一言で夫が大激怒

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3