ブログランキング85

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2523
  • 読者 141
  • 昨日のアクセス数 3526

好きになっても良いですか?サトシの場合78

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/30 14:34:59

  • 11
  • 4

………










キスの後…


2人で顔を見合わせて
微笑み合う…



「あっ!

サトシさんにもあるんだよ?」



「おぉ、ありがとう。」



何やら大きなラッピング袋に
特別大きいリボンが付いていた



「どうぞ!」


照れながら渡す
チヒロがまた可愛い…


開けてみると


中から出てきたのは



真っ白のマフラー



「もしかして?
チヒロ編んだのか?」



「そう!前に編んだことあるんだけど
すっかり忘れてるから
お母さんに習ってね…
手編みだから…所々変なんだけどね…」




「ありがとう!!」



俺は首に巻いてみた



「やっぱり似合うね!」


チヒロは満足している



「後もう一つあるんだよ?」



袋の中にはもう一つあった



「おぉ!手袋かぁ」


「手袋編む時間は
なかったの…マフラーに時間掛かってね。」


「ありがとう!!
来年は手編みの手袋か?」


「編めるかなぁ…受験生だよ?」


「フッ…そうだったな…」


「来年はお泊り出来ないけど
クリスマスはまた2人でやりたいな…」


寂しそうな顔をするチヒロ


俺は抱きしめながら


「来年もやろう!クリスマス…」


「うん…ありがとう。」



「さぁ、明日は色々やること
あるから、そろそろ寝るぞ?」


「うん!」


プレゼントを片付け
2人でベッドに並んで入る


デコレーションされた
スノーマンのLEDライトが
時々チカチカ点滅するのを

2人で見ながら…



「何か落ち着かないな…」


「サトシさん?」


「ん?」


「私を抱きしめて眠れば
顔に光が当たらないよ?」


「そうだな?」


チヒロの額にキスして


抱きしめ


「おやすみ…」


と言って眠りにつく…



チヒロの寝息は聞こえてきたけれど
俺は落ち着かなくて

直ぐには眠れなかった…


……






♪~♪~


チャイムの音で目を覚ます
気が付くと朝…


隣にチヒロが居ない…



「サトシさん?誰か来たみたい…」


チヒロは既に着替えていた
朝食の準備をしていたのか
エプロンをしていた



「誰だ?」


時計を見たら7時を過ぎた所…


「何だよ?
こんな時間に…」



メガネをかけ

玄関のドアを開けると…



「サトシ!おはよう。
久しぶり~!!」



元気な声での挨拶…

そこに立っていたのは…?!









………

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. コウさん(99歳)ID:5688044・5日前

    ソフィーさん♪

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    誰でしょうか?^^;
    次のお話を〜♪

  2. コウさん(99歳)ID:5688042・5日前

    ハヅキさん♪

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    フフッ(*´艸`*)どうですかね?
    次のお話を〜♪

  3. ソフィーさん(70歳)ID:5688007・5日前

    誰?気になる~。

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 妊娠6か月 夫とほぼ会話がない
  2. 義母に前妻と比べられキレた結果
  3. 「奨学金」借りる事にモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3