レオンさんのブログ

  • 記事数 78
  • 読者 19
  • 昨日のアクセス数 88

2016/11/30 02:22:48

  • 0
  • 0

駅に着いた。

彼の名前はジンにしよう。


ジン、わたしのこと誘ってー!
っとわたしの心の声。



この後どうする?オレんち近いけどくる?

きたー!

ここを逃したら、わたしはジンと2度と会えないかも。そんな気がした。

うーん、言ってもいい?♡

なんて、ちょっと考えたふりをしながらも、心の中ではガッツポーズ。


2人で電車に乗り、ジンの家の最寄りへ。

結構いい場所に住んでた。


部屋の中は、男の部屋って感じでちょっとゴタついていた。

部屋に入るなり、後ろから抱きしめられて、

こんなオレでいいの?

って。

いやいや、あなたこそわたしでいいんですか?と。

わたしは、
ジンがいいんです。

って答える。

キスされて、そのままジンの手は私の服の中に。

シャワー浴びたいよ〜って言っても、

このままさせて。
って。

まあいっか♡

わたしは、とりあえずされるがまま。

立ったまま、壁に寄りかかり、たくさん感じる。

あー、憧れてたジンが、こんな近くにー!

わたしも立ったままのジンのものを咥え、たくさん可愛がる。


立ったまま、足を持ち上げられ、ジンと繋がる。
おっきい。
そのまま立ちバック。

最後はベッドに行き普通にフィニッシュ。


ジンは久しぶりだったらしく、結構興奮してた。

終わってからシャワーを浴び、一緒に寝た。

もう一回戦いくよね。♡

次の日はお互いお仕事だったので、一緒におうちを出ました。

ジンはAB型で、相当の気分屋、変わり者でした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 同居の義祖母に悪口を言われていた
  2. 玄関のXmasリース盗られて悲しい
  3. 「奨学金」借りる事にモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3