ブログランキング11

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 161
  • 読者 1125
  • 昨日のアクセス数 29797

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/30 15:00:36

  • 133
  • 4

連休明けから、小林先輩たちには処分が下された。
自宅謹慎後、二人とも自主退学することに決まったそうだ。

それは、村上先生が天文部の活動の後、私と美咲ちゃんだけに教えてくれた。
美咲ちゃんは俯き、涙をこぼした。

「美咲ちゃ…」

私が彼女の肩に手を添えると、きゅっと私に抱きつき、肩を震わせて泣きだした。
怖かったのだろう。相当……

「ごめんなさい…今頃、怖さが……本当にあれだけで済んで良かったです…」

「あれだけって…?あ、言いたくなければ答えなくていいよ」

そういうと、美咲ちゃんはふるふると首を振った。

「頬に、押し付けられただけです。あの…大きな人のズボンに……。それを、もう一人の人が撮ってたんですけど、……暗かったし、撮れてはいないと思います…」

「……そっか。よかった。無事で…」

美咲ちゃんの背中を擦った。
村上先生は神妙な顔で、美咲ちゃんが泣きやむまで黙っていてくれた。

そして、部室を出て歩きだす。

許せない。小林先輩…と、大柄のあいつ。
遥に聞いて、家まで行ってやる。

そう思っていると、後ろから村上先生の低く静かな声に制された。

「―――おい。首突っ込むなよ」

顔に出ていたのか、私の思惑がバレている。

「突っ込みますよ、小林先輩って遥のいとこの彼氏ですよ?」

「え?浅野の?」

鼻息荒く頷いたら、村上先生が溜息をつき、美咲ちゃんがおろおろと私と村上先生を見ている。

「関係者だとしても、返討ちに遭うだけでしょう。自分が女ってこと忘れてないか」

いつになく厳しい口調に、それ以上は何も言えなかった。


………だけど。

放っておけるわけない。
美咲ちゃんの動画があるなら消させたい。

本当に小林先輩が救いようのないクズかどうか、確認しなきゃ気が済まない。

結愛ちゃんとの関係……できるならそれも確認したい。

小林先輩と話がしたい、どうしても。

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. Clariceさん(99歳)ID:5693351・3日前

    ラウラさん
    12月は忙しいのでそれまでに回復してよかったです。ありがとうございます!

  2. Clariceさん(99歳)ID:5693344・3日前

    ソフィーさん
    ありがとうございます😊
    体調はすっきりしてきました。ノロは恐ろしかったです💧

  3. ラウラさん(36歳)ID:5688933・3日前

    身体大丈夫ですか?

    本当に寒くなったし

    無理しないでくださいね…

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不倫している30代半ば独女とご飯
  2. クリスマスに結婚式とかやめて
  3. 礼服を着て出社しようとする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3