コノハの道~別れと出逢い~

幼少期からのココロの動き……恋愛備忘録。 忘れたいけど、忘れたくない。

  • 記事数 77
  • 読者 60
  • 昨日のアクセス数 1178

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/29 13:38:34

  • 7
  • 0

泰陽は4歳だった。

ここは静かにする所だよ^^*


私は公共の場でのしつけを徹底していた。
自分が祖父母に育てられたこともあり、泰陽も同じように育てた。

きちんと一緒にソファで待っていた。


呼ばれた!

ママ!呼んでくれたよ~
うん!行こう^^*


私は診察室のイスに座り、隣で泰陽は立っていた。
右手で泰陽の左手をしっかり握っていた。


先生が話し始めた。


結果から言うと……




子宮頸高度異形成。
上皮内がん。
初期のがん。


ココロの準備どころか、何の予想もしてなかった私に次々と怖い単語が容赦なく並ぶ。。。



先生、心配ないって言ったのに……
ぶつけるところがない思いは変な方向へ……



このまま経過観察して、定期的に検査を続ける
円錐切除術という名の手術で悪いところを削る


この選択を強いられる。


何も分からない泰陽が不安そうに私を見る……




しっかりしよう!!




私は後者を選んだ。

〘 手術します!!〙



検査の痛みが辛かった……
毎回不安になるのも怖かった……

なによりも、
早く治して、この子を育てないと!!

その思いが私を決断させた。



とにかく知識がなかった。
だから不安しかなかった。
泰陽の存在に感謝する私。





あなたがいるから頑張れる。






ひとりきりになったとき








あの……小さな小さな命がなかったら……

私はきっと病気を見過ごしたに違いない。


忙しくて自分のことを顧みない私を
助けてくれた小さな小さな命に……




コトバにできない溢れる想いで胸がおしつぶされた……
………………

声を出して泣いた…………夜。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 5月末から、切迫早産で1ヶ月入院してました。薬で張りが抑え...

  2. 主治医の診断はまだなんだけどね、カメラ検査をした医師が言っ...

  1. 乳がんの手術を受けました。小さい段階で見つかったので、切っ...

  2. 疑惑03

    2014/04/04

    そんなこんなで、自宅から1番近い、乳腺科のある病院を探...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫に義母の嫌な所を打ち明けるか
  2. 義弟を好きになってしまいそう
  3. 金ないアピールする友人に疲れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3