リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 415
  • 昨日のアクセス数 2114

その頃実家では①

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/29 13:54:26

  • 58
  • 0

『手伝いますよ』

夕食の支度をしていると達ちゃん が横に来た。
シャツの袖を捲って、手を洗っている。

『いーの、いーの!座ってて!』
娘の彼氏に手伝わす訳には……って言うか邪魔。

材料と切りかけの野菜をチラ見すると
『これ、千切りでいいんですよね?』

さっさと切り出した。千切り細っ

『え!上手じゃん‼あずさよりはるかにうまいんだけど』

『まぁ、独り暮らし長いんで』

『またまた‼』
グッジョブ我が娘!

料理の進行を先回りしてフォローしてくれる。
使い終わった物は同時進行で洗われていく。
料理番組かよ。そのうち差し替えとか出てきそう……

『ねぇ、さっきの作戦教えてよ』

『作戦?』

『あずさと話してたでしょ?』

『あぁ。そんな大それたもんじゃないですよ。』
苦笑。

『のぞみさん、花嫁の手紙の法則分かります?』

急に名前を呼ばれてドキッとした。

『結婚式のアレ?』

『そう。あれって感動させる法則があるんですよ』

『え?そうなの?』

『まぁ、手紙にも色々あるんですけどね。笑わせる系と感動系とか。あ、それ重いんで俺やります。』

茹でた野菜の湯切りを淡々とやる。

『それで?』
続きが聞きたくて食いぎみに聞いてしまう。

『つばさ君が父親代わりなら
そこにはめてやろうかなと思いまして。
野菜ここでいいですか?』

『うん?』
なんかよく分からない。
茹でた野菜を皿に盛る達ちゃんをみていると

『すいません、説明下手ですよね俺。』
と笑われた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今日は冷蔵庫に沢山ある野菜を使おうと思い晩ごはんの支度。...

  2. 藤野君のお父様は、真面目で勉強と肩書きが好きな一人っ子。...

    軌跡

    • 48
    • 0
  1. こんばんは~リクエストレシピ!あったかいモノでもある!...

  2. 旦那側の親戚の結婚式があるんだけど。いろいろ失礼す...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 人間と犬を比べないでほしい
  2. 不倫が相手の家族にバレてしまう
  3. 子に苛々をぶつけてしまい嫌気

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3