私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 139
  • 読者 201
  • 昨日のアクセス数 96

2016/11/29 08:17:15

  • 63
  • 0

伊井さんの出身はここではない。
また遠い所だった。

ご両親には電話で報告してくれていた。
なかなか行き来出来る距離ではないのに、
電車と飛行機を使って、すぐにこちらに来てくれた。

私達の希望は転勤前に入籍する事。
ちゃんと二人で話し合った結果。

『普通』では考えられないスピードで事は進んでいった。

伊井さんのご両親が来てくれた日、
その日に結納を行なった。
もちろん、私は初対面。
『息子の選んだ人なら間違いないよ』
と、ご両親は私を受け入れてくれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私はフランス語は出来なかった。両親とパリ郊外に住むことを...

  2. 「えっ、そうなるの?」「お前がふってきんたんだろうが!」...

  1. 翌週末に彼のご両親が東京に来ることが決まった。私は憂鬱だった...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 「育児は楽しいですか」にモヤッ
  2. 彼に「同性愛者」と告白された
  3. 義家族が片付け苦手で帰省疲れる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3