コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 302
  • 読者 134
  • 昨日のアクセス数 65

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/29 00:11:26

  • 15
  • 0

思いに浸っている時間はなかった。
またすぐに生活に追われた。

私の勤める店は繁盛店だった。
忙しい毎日は
私を
救ってくれた……
働くことで、考える時間を消してくれた…

オーナーも私の仕事を評価してくれて
店を任してくれる時間が増えた

店の仲間とも仲が良かったし
ストレスのない職場で楽しく働いた。

仲間の1人のアサミとは特に気が合って
プライベートの事もお互い何でも話した。
アサミは週に2回程しか来ないパートさんだったがその日をいつも楽しみにしていた。


今回の病院もアサミの紹介だったし、、、


アサミは結婚して子どもが2人、交友関係が広く
話題も豊富な楽しい女性。


私は半径3キロ圏内で生活する女。
店が終わると泰陽を迎えに、そしてスーパーで買い物して帰宅。
この繰り返し。


アサミの生活を
うらやましいなぁ~^^*
と思っていた……

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 引っ越し

    2016/11/13

    2月、私は家を出た。無事親へお金も返すことが出来、引っ...

  2. ボクは店の残り物で食事を作る材料は買わないなのでへんて...

  1. 本業

    07/24

    体調を崩してしまい1年で辞めてしまった本業。居酒屋とレス...

  2. ヨガと心理学セミナーに通って、心身を立て直していた、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3