一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 351
  • 読者 1356
  • 昨日のアクセス数 639

2016/11/29 20:13:27

  • 204
  • 1

約束の日。


途中の駅で待ち合わせ。といっても
大分私よりの場所だけど……。


冬にしては暖かい日で海の見える場所に
連れて行ってくれた。


車の中では、相変わらず無言……。
というか何を話していいのか分からない。
ユウタが運転してる間だと、
あんまり大切な話をしない方がいい気がするし……



浜辺に座って海を眺める。
冬だから人影も少なく、海でサーフィンしている
人がいるくらい。
穏やかな日で気持ちも穏やかになる。

『ユウタ、ごめんね。
自分のことにいっぱいいっぱいで、ユウタの気持ち考えてあげられてなかった……。』

『……こっちこそ、大人げないこと言ってごめんね。
俺ちっちぇーなって思った。』

ユウタが恥ずかしそうに笑った。

『……ん。』

ユウタが手を差し出した。
座ってる二人の間に微妙な距離があったので
少し詰めて座って、ユウタの手の上に
手をおいた。

その手をユウタが大切そうに握りしめる。


『……ミユ?』


さっきまでの笑顔はなくなって
真剣な表情のユウタ。

『なに?』

『……ミユは、俺のこと好き?』

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. ミユさん(33歳)ID:5686039・11/30

    リリーさん
    すみません、せっかくコメントいただいたのに返そうと思ったら消えてました(*_*;
    いやー、このときは本当にどう返せばいいのか分からない自分がいました……(T_T)

  1. 1

    まいこ

    記事数 307 / 読者数 1169

  2. 2

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 467 / 読者数 2405

  1. 3

    MyhoneyCin...

    14時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 16886 / 読者数 3958

  2. 4

関連するブログ記事

  1. しばらくしてバイクが着いた場所それはノブオ君と初めて...

  2. 夜明けの海を遠くに見下し坂道下ればボクの町ががあるとお...

  1. いつものように橋を渡るイチョウ並木をすぎて風を切って...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/24 編集部Pick up!!

  1. 分煙ないレストラン入って不快に
  2. 支援センターで他人の子注意した
  3. 孫は「虚栄心を満たす為の道具」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3