秘密があっても、いいよね...

まこと君と私の時間。

  • 記事数 155
  • 読者 94
  • 昨日のアクセス数 83

なんにもないけど

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/11/28 20:38:59

  • 6

***




今朝の出来事



ドアの向こうをまこと君と、まこと君と仲良しの速水さんが一緒に通り過ぎて行くのが見えた。

出て行く時も一緒かなぁ...だったら話しかけられないなぁ...と思いながら

たまに敢えて自分が遅れるようにタイミングを遅らせてくれるから


もしまこと君が一緒に出てこなかったら喋りかけに行こう。とか色々考えながら待っていた。




数分後、期待通りに速水さんだけ先に出て行くのが見えて

よしっと廊下に出てみると、まさかの別の同僚さんと喋っていた(^^;


こっちを向いてるまこと君と目が合う。


相手の人が屈んでいるのを確認して、通りすがりにまこと君の背中をツンって突いてそのまま素通り。



あーあ、朝のタイミングは逃したなぁ...と思いながら手を洗っていると






「...呼びましたか?^ ^」



話し終わったまこと君が、わざわざ隣に戻って来てくれた。
私の顔をニコっと微笑みながら覗き込むまこと君。




「ううん...あれは "おはよう" の挨拶やってん。」





「そうですか(*^^*)」






良かった、少しでも話せて。

戻って来てくれたこともすごく嬉しかった。

朝からまこと君のニコニコ顔が見られたし

夕方もきっと来るだろうから...早く仕事を終わらせよう^ - ^






。・゜・・゜・。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 会社をズル休み 妻子利用する夫
  2. 出産予定日を過ぎてプレッシャー
  3. レシピ通り作った料理に夫の感想

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3