【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆ぼちぼち始動~(^^)小話【レンズの向こう側】執筆開始φ(・ω・ )

  • 記事数 1258
  • 読者 106
  • 昨日のアクセス数 592

☆いいコンビ・2☆

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/11/29 11:10:12

  • 9
  • 0

(全体公開です)







俺も彼に会釈を返しながら、


「こんにちは。えーと、こちらは?」


北川と近藤に視線をやった。

すると、北川はニシシと昔と変わらないおちゃらけた笑いをし、近藤は微かに頬を赤らめた。


『あの先生、こちら、、、』


『先生!電話で言ったでしょ?ホノカとあともう一人で行くって。

岩見沢ハジメさん、ホノカの彼氏!』


『ちょっと北川!私から紹介するって言ったのに!』


北川に遮られて、近藤が後ろから北川の肩をはたく。二人のやりとりは高校時代から変わってない。

それを微笑ましく見ていると、青年、岩見沢くんも、二人の後ろで笑いを噛み殺しながら肩を揺らしていた。

彼もこの光景が好きなんだ、咄嗟に思った。


『久間先生、初めまして。岩見沢ハジメと申します。

先生の事は、キタガワくんとホノカさんからかねがねお聞きしてます』


岩見沢くんは好青年だった。礼儀正しいし、かと言ってそれが堅苦しくもなく、とても自然体。


『ひゃー、にーさんがキタガワくんだって。ムズムズするぅ~』


『うっさいキタガワ、話を遮るな』


『はいはい~。先生あのね、オレこの人のラーメン屋のバイトやっててね、、、』


口を挟む北川を岩見沢くんがぴしゃりと制するが、北川のお喋りは止まらない。

岩見沢くんは近藤と顔を見合わせて、やれやれと同時に肩を竦めた。

お、こちらも息がぴったり。付き合い長いのかな、と見ていると、近藤が俺に向き直して話し出した。


『それで、あの、先生』


しかしまた、北川がマシンガントーク。


『先生!ホノカ、プロポーズされたんだよ。二人、結婚するんだよ!』


『だーかーらー北川、もうー!!』


えーっ。

近藤、結婚するの?

そうかぁ。

北川、フラれたかぁ。

お前、近藤の事好きだったのにな。



同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. (全体公開です)☆北川から直接聞いたわけじゃ...

  2. (全体公開です)☆『なにオマエ、合唱部だった...

  1. (全体公開です)☆「まぁ、、、今言って貰った...

  2. (全体公開です)☆『えこひいき教師』「...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 子の躾に妻が口出し怒り狂った夫
  2. 仲いい友人の陰口を聞きショック
  3. マンション展示見て気持ち揺らぐ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3