私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 212
  • 昨日のアクセス数 92

2016/11/28 21:09:30

  • 75
  • 0

私の頭の中は真っ白になった。

『この間、円ちゃんの気持ちがわかった時には転勤の話は決まってて。…俺の中で付き合うとかじゃなくて。それで仕事も忙しくなって、なかなか連絡も出来なくて。不安にさせちゃってたと思う。』



『円ちゃん…結婚して下さい。』



もう私の涙は止まらなかった。

普通なら、
まだ付き合ってもいないのにとか、
一度話しただけで、まだまだプライベートな事は知らない事の方が多かったり、よぎる事はいっぱいあるはずなんだけど…。

何故か私に迷いは無かった。

『はい。』

と、泣きながらもハッキリと返事をした。

伊井さんもうっすらと涙を浮かべていたが、
とても優しい穏やかな表情だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「南ちゃんっ!ねぇ…ちょっと待って!南ちゃんっ!」後...

  2. 『怒ってる?』美月が涙を流しながら上目遣いで聞いてきた。...

  1. 社会人

    2014/05/06

    社会人になって半年もすると、ユーくんと付き合って3年になろう...

  2. ヒロから、lineがこなくて、不安で泣きそう。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/27 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3