ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 301
  • 読者 142
  • 昨日のアクセス数 299

2016/11/30 00:41:09

  • 14
  • 0

ふわりと広がったドレスの下では、果てた象徴が放たれた液の中に倒れ込んでいた
全く見えていない状況でわかったことは、ドレスが液で汚れたと言う事実だけ・・

「ドレスが・・・」
「脱がないとな」

背中に手を回しファスナーを下ろす
「さぁ、立って」
立ち上がるとドレスは下へ落ち、パンティが秀サンの目の前に現れる

指で割れ目をなぞると、ゾクゾクと体が震えた

両手でお尻を持ち割れ目へキスをする秀サン
「あぁっ!」

密でびしょ濡れのパンティを下げていくと
キラッと光る糸が見えた
その糸をペロッと舐めるとそのまま割れ目を舐める
「あ・・ぁぁぁ・・」

体が震え立っていることが不安定で秀サンの肩に手を置く
「足・・広げて・・」
「立ってられなくなる・・あぁん!」

喉を潤すように溢れてくる蜜を吸う秀サンの口元は光っていた
「もぅ・・・無理・・・」

体は震え上がり蜜の量は増え 立ったまま果てる
秀サンの肩には私の爪が食い込む

「いたたたたっ!」
「あっ!ごめんなさい・・」

一瞬で我に返った私は慌てて手を退ける
「だ、大丈夫・・・?」
「おぉ、痛かった 笑」
「ごめんなさい」

私を抱き上げて寝室へ運ばれてベッドに下ろされた
肩には大きく爪痕が残っていた・・
「痛い・・よね・・・?」
「痛み忘れるために気持ちよくして?」

ベッドに大の字で寝転ぶ秀サンの象徴は私を見ていた
そっと、握り口へ運ぶ

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 11/26

    私の腰を手前に引いた秀サンドレスをめくり中へ入る「キャ...

  2. Haruka

    2015/07/28

    ベッドはすぐそこなのに階段を上がってきてから、我慢できずも麻...

  1. ソコを開いた。誰も見たことのない蘭子の秘密の場所。綺麗なピン...

  2. 11/14

    パンティの上から突起がわかる突起に尖らした舌がノックする...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/20 編集部Pick up!!

  1. 流産してから妊娠を待ち望む女性
  2. 他人に我が子を触られたくない
  3. 笑い堪えるのに必死だった出来事

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3