不倫と純愛は紙一重

なんだかんだで社長3人と不倫中

  • 記事数 90
  • 読者 312
  • 昨日のアクセス数 5

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/11/28 23:59:16

  • 40
  • 0

『まゆみ、もしかしたら先輩、
一度家に帰るかもしれない』

『わかった、あっちの道に隠れてよう。』


予想通り、先輩は家に寄り
駐車場に車を停めた

すぐに車から出て来ない

電話でもしているのだろうか


数分後、先輩は車から降り
近くの大通りへ出て、タクシーに乗った


『まゆみ、あのタクシー!』

『おっけ!』


タクシーに乗ってくれたのは
好都合だ
こちら側の尾行に気づかれにくい


しばらくして、飲屋街の入口あたりで
タクシーが止まった。
先輩が降りてくる。


『まゆみ、タクシー追い越して右折して。
そこで運転代わる。
まゆみは降りて、先輩お願い。』


『わかった!任せて!
車停めたら電話ちょうだい』


『りょかい!』


なんだか、
復讐劇のはずが、
探偵のようなこのスリルに
楽しささえ覚えていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ペンションの前で待っていると、テシマ先輩の車がやってきた。...

  2. 野田が来たからにはもう行くしかない・・・。渋々ではある...

  1. 大学に戻って来ると駐車場は既にガランとしており、テッシー先輩...

  2. 帰り道②

    2015/10/10

    ランエボ!!車詳しくないけど。速い車好き♡えー。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/22 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3