コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 302
  • 読者 134
  • 昨日のアクセス数 36

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 22:28:22

  • 22
  • 0

泣いていたのを気づかれないように岸上に電話した。

「どういうこと?」

尋ねた私にゆっくり岸上は語った。

「俺はコノハを泰陽の母として見たことはない
コノハは俺を泰陽の父としてしか見れないと言ったね、恥ずかしい話だけどそれが余りにもショックだった。俺はずっとコノハに男として見てもらいたかった。
だから……今の生活はもう限界なんだ……。


続けてこう言った

「離れて暮らしてみよう」





「わかった」

こう答えるしかなかった。

どこに住んでいるのか教えてはくれなかった





家庭内別居から


別居

となった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それからの父は祖父母の仕事を手伝うようになった。父方の祖...

  2. 私「あの~」ノゾミさん「何?」私自身の中にも周りに...

  1. 私はその後一人暮らしの所に転がり込んできた当時の彼氏と結婚す...

  2. 私が産まれたのは普通のおうち弟が甘ったれだったので、冷めて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3