コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 146
  • 昨日のアクセス数 85

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 22:28:22

  • 21
  • 0

泣いていたのを気づかれないように岸上に電話した。

「どういうこと?」

尋ねた私にゆっくり岸上は語った。

「俺はコノハを泰陽の母として見たことはない
コノハは俺を泰陽の父としてしか見れないと言ったね、恥ずかしい話だけどそれが余りにもショックだった。俺はずっとコノハに男として見てもらいたかった。
だから……今の生活はもう限界なんだ……。


続けてこう言った

「離れて暮らしてみよう」





「わかった」

こう答えるしかなかった。

どこに住んでいるのか教えてはくれなかった





家庭内別居から


別居

となった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それからの父は祖父母の仕事を手伝うようになった。父方の祖...

  2. 堕落

    2014/09/18

    そんな生活が何ヶ月か続くと流石に父が怒り出す。仕事に穴を...

  1. ケイゴがくるまで2週間ほどありそれまでの間にやることが沢山...

  2. 親不孝者だ。父が泣いていたと母から聞いた。幸せな家庭...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/19 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3