コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 159
  • 昨日のアクセス数 46

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 22:28:22

  • 22
  • 0

泣いていたのを気づかれないように岸上に電話した。

「どういうこと?」

尋ねた私にゆっくり岸上は語った。

「俺はコノハを泰陽の母として見たことはない
コノハは俺を泰陽の父としてしか見れないと言ったね、恥ずかしい話だけどそれが余りにもショックだった。俺はずっとコノハに男として見てもらいたかった。
だから……今の生活はもう限界なんだ……。


続けてこう言った

「離れて暮らしてみよう」





「わかった」

こう答えるしかなかった。

どこに住んでいるのか教えてはくれなかった





家庭内別居から


別居

となった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. Disce gaud...

    2015/10/11

    Jucunda memoria est praeterito...

  2. The

    08/04

    Cv to yv bThen You b g h. BY...

  1. えーと。今月の16日の未明に父が旅立ちまして。癌発覚からア...

  2. お彼岸です。彼はご先祖さまを、それはそれは大切にします。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/27 編集部Pick up!!

  1. 教諭が産休 保護者から不満の声
  2. 婚活サイトからの交際結婚前提か
  3. 建てた家に叔母を呼んだ結果

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3