ブログランキング89

コノハの道~別れと出逢い~

幼少期からのココロの動き……恋愛備忘録。 忘れたいけど、忘れたくない。

  • 記事数 84
  • 読者 62
  • 昨日のアクセス数 2850

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 22:28:22

  • 6
  • 0

泣いていたのを気づかれないように岸上に電話した。

「どういうこと?」

尋ねた私にゆっくり岸上は語った。

「俺はコノハを泰陽の母として見たことはない
コノハは俺を泰陽の父としてしか見れないと言ったね、恥ずかしい話だけどそれが余りにもショックだった。俺はずっとコノハに男として見てもらいたかった。
だから……今の生活はもう限界なんだ……。


続けてこう言った

「離れて暮らしてみよう」





「わかった」

こう答えるしかなかった。

どこに住んでいるのか教えてはくれなかった





家庭内別居から


別居

となった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それからの父は祖父母の仕事を手伝うようになった。父方の祖...

  2. 4/14食欲がないらしい父が新しいブロバイダと契...

  1. 優しいけれど、私が泣くまでしつこく遊び、泣けば怒鳴って怒る...

  2. ベンチに座って 少したった頃陽輔くん「俺 喉渇いたか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 入院中 夫に子を預けるのが不安
  2. 職場全員がドン引きした同僚妊婦
  3. コンビニ店員の発言で客が苦笑い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3