コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 168
  • 昨日のアクセス数 226

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 22:28:22

  • 22
  • 0

泣いていたのを気づかれないように岸上に電話した。

「どういうこと?」

尋ねた私にゆっくり岸上は語った。

「俺はコノハを泰陽の母として見たことはない
コノハは俺を泰陽の父としてしか見れないと言ったね、恥ずかしい話だけどそれが余りにもショックだった。俺はずっとコノハに男として見てもらいたかった。
だから……今の生活はもう限界なんだ……。


続けてこう言った

「離れて暮らしてみよう」





「わかった」

こう答えるしかなかった。

どこに住んでいるのか教えてはくれなかった





家庭内別居から


別居

となった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 2

    07/08

    他に選択肢がない私は、しぶしぶ母についていく事になった。...

  2. 銭ゲバになった母は狂ったように父に生活費の請求をする。...

  1. 物心ついた時、私は両親と20階建て位の団地に住んでいた。...

  2. 暴力 3

    2013/11/30

    私が小学校高学年の頃両親が離婚した。父からの暴力に耐えき...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 妊娠中の「身体優先」する基準は
  2. 「容姿と恋愛」は関係あるか
  3. 妻が作った弁当捨て続けていた夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3