コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 162
  • 昨日のアクセス数 46

ファーストコール

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 20:12:33

  • 18
  • 0

平日のある昼間

泰陽はスヤスヤとお昼寝中Zzz… _(*´﹃`*_ )_

いつもの私なら用事を済ませて泰陽と一緒にスヤスヤ_Zzz… コースなのだが、、、
この日は違った。


市川くんに電話しよう!!


心に決めていた(笑)


自宅の固定電話を手に取る……
慎重に一つずつボタンを押していく……
090………………

プルループルルー……


はい?

誰だろ?って感じの「はい」だった。

あっコノハだけど……

えっコノハさん?!

うん、今大丈夫?

全然大丈夫~^^*

元気?なんて挨拶から、何でもない会話をして電話を切った…
またかけるね~の約束。

それからは、市川くんのお昼休みに泰陽をお昼寝させる……このリズムを定着させることに集中。
数日後には携帯番号も完全に覚えていた。
この時間だけは……母では無かった。

ある日市川くんから
「今度2人で会えない?」

もう敬語で話すことはなくなっていた。

「うーん……ちょっと返事待って~」


ほんとは気持ち決まってた。


フタリデアイタイ。


共通の女友達(ハナ)にすぐに報告した。

ハナはこう言った。
「岸上さん怒らせることしたらダメだよ~いっちゃん面白いけど、女グセは良くないしさ、友だちとして付き合うなら止めないけどー」


ハナの忠告は入ってこなかった。
とにかくこのワクワクする気持ちを止めることができなかった。
行かないという選択はなかった!
ただ、岸上になんて言って出ていこうかなぁ~
もう2人で会う前提で全ての段取りをしていた。


その日は想像以上に早く来た。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 慎吾と別れてからも私は、病院と仕事と家の往復その日常は変わ...

  2. 陽輔はやりたいだけとわかっているけど、かっこいいから電話が...

  1. それからの私は、、、とにかく動いた。泰陽が大きくなるま...

  2. 一度だけタカフミから電話があった。私はタカフミの番号は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 今までに付き合った「最低の男」
  2. 夫は協力的なのに子供がパパ嫌期
  3. アレルギー食品食べさせる義祖母

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3