ブログランキング92

コノハの道~別れと出逢い~

幼少期からのココロの動き……恋愛備忘録。 忘れたいけど、忘れたくない。

  • 記事数 84
  • 読者 66
  • 昨日のアクセス数 2423

変化……

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 18:50:38

  • 4
  • 0

泰陽が2歳を迎えるころ

岸上と私が出会った会社のOBで仲の良かった女性4名で会うことになった^^*

泰陽はパパ大好きっ子だったから2人で夜にお留守番は初めてだったけど、全然心配なく、預けた^^*
岸上も
「久しぶりに楽しんでこいな^^*」
そう見送ってくれた。

4人でたわいもない話が続く。
1人の女友達のケータイが鳴る。
あっいっちゃんだ!!

いっちゃん……それは私の片乳事件(笑)の市川くんだった。

「今ね、コノハちゃんたちと呑んでる~」
「まじ、コノハさん!!」
「そーだよ~どうした?」
「どこでのんでる?迎えに行くよ」
「は?なんで?(笑)」
「コノハさんに会いたい❤」


そろそろ帰ろうかと解散の時刻……
ほんとに市川くんが来た
ご自慢のマイカーで私たちを迎えてくれた^^*


「コノハさん!夜とか出てるんですか?」
「出産後、初めて~^^*」
「コノハさん、もう帰らないとダメですよね^^*」
「泰陽待ってるから帰る~」

友だちがボソッ
「わたしゃじゃまもんかい(笑)」

私たち3人は気が合った。
とても楽だった。
久しぶりに独身に戻ったような感覚で家に戻った。
ケータイの番号教えてもらった。
でも私はケータイを持ってなかった。

主婦だったし、家にずっといたし、
いらないかなぁ~と思って私のケータイを岸上に譲った。それ以来ケータイのない生活をしていた。

市川くんの番号を聞いてから
何となくケータイ欲しくなったけど
急に言い出すのも変だし
ウ〜ン……ってかんがえてるうちにまた月日が過ぎた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 最近はもう、日常生活に全くHIROさんはおらんくて、おらん...

  2. 一ヶ月の里帰りを終え、マンションに帰宅した。里帰り中も岸上...

  1. 前半戦D2からジュリナ(1日6錠)そして初めてエストラー...

  2. Disce gaud...

    2015/10/11

    Jucunda memoria est praeterito...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 流産後の義母の態度にショック
  2. 無くて彼氏に驚かれた料理知識
  3. 「鬱症状」の診断書で会社を休む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3