マディソンさんのブログ

  • 記事数 468
  • 読者 57
  • 昨日のアクセス数 215

テーマ:家庭 > 夫婦生活

2016/11/27 08:53:44

  • 11
  • 0

いつの頃からか、子供達が皆
独り立ち出来たら、家を出ようと
思うようになっていた

家族が皆、
自分の生きたいように生きる中で
自分がここにいる意味が
わからなくなっていた

自分を家政婦のように感じ、
虚しくなっていた

子供達が社会の荒波に揉まれ
疲れて帰ってきても
笑顔で迎えられるような
港のような存在でありたい
…と思う日もあれば

家族のために精一杯
尽くしてきたのだから
残りの人生は、自分のために生きていきたい
と思う日もあって

振り子のように、 毎日、心が揺れた

いつ、人生が終わってしまうのか
わからないような年齢になって
家族が、お互いに
心が通い合わないような
時に憎しみを感じるような
心を持ちながら同居を続けることに
虚しさを感じていた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    23時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18206 / 読者数 4108

  2. 2

    未来予想図

    5日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3143

  1. 3

    When love ...

    8時間前

    リノ

    記事数 687 / 読者数 1302

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 大人達はすべて子供たちだったある日からオトナの扱いを受ける...

  2. 未来

    2016/08/04

    未来なんて、誰にもわからない。一度しかない人生。自分...

  1. 死から逃れ(のがれ)られない死を避けて生きること...

  2. 笑顔の裏

    2014/08/20

    人は心の中はドシャ降り雨ザーザーでも笑えるんだって身を以...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/18 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3