コノハの道~別れと出逢い~

忘れたいけど、忘れたくない。 大切なコト。

  • 記事数 261
  • 読者 171
  • 昨日のアクセス数 77

お互い……

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2016/11/27 01:12:59

  • 21
  • 0

私たちは付き合い始めてすぐにお互いの幼少期からのことを話した

岸上は父を知らない。
物心ついた頃には祖父母と暮らしていた。
たまに帰る母……
前の夜は眠れず、着く頃には三輪車で家の近くで待っていた……

そんな話を聞いた時、涙が止まらなかった。

お互いの話をする度に2人の想いは強くなった。




小学生になった頃母親の再婚。
そこで岸上は選択を迫られる。

このまま祖父母と暮らすか。
母たちと暮らすか。

迷わず大好きな母との暮らしを選んだ……

妹の誕生。

妹は何も知らない。
4人は血の繋がりのある家族だと思っている



その妹が出迎えてくれた。



『お母さんお父さん!!お兄ちゃんが女の人と帰ってきたよーーーっ!!』

岸上の後ろを恥ずかしそうについていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 妹が退院してからも、家に遊びに来ていたお兄ちゃん。母...

  2. 小学3年生の時に両親は離婚した。「お父さんとお母さん。...

  1. ある日の吾妻家の休日『吾妻さーん、宅急便でーす。判子か...

  2. 父と母が離婚した時私は小2で妹は幼稚園で弟は……1...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/22 編集部Pick up!!

  1. 友人の作り話で孤立してしまった
  2. 彼に「結婚したい時期」聞いたら
  3. 義弟に出産祝いをあげたくない訳

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3