ナギサの想い

誰にも言えない秘密の話。 現在進行形です。。。

  • 記事数 183
  • 読者 88
  • 昨日のアクセス数 216

事務所でのキス

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/11/26 19:15:44

  • 10

事務所の駐車場に着くと、
まだ彼は来ていなかった。


5分くらいして、彼の車が到着。


私を見つけて、ニコッと手を振ってくれた。


私「おはようございます。」


彼「おはよ。寒いね!」


季節は秋から冬になろうとしていて、
その日は特に、朝から冷えていた。


駐車場から歩いて事務所に向かい、
パソコンを起動したり、
とりあえず色々と朝の準備をした。


早く彼とくっつきたかったけど、
恥ずかしくて目も合わせられず、
黙々と準備をした。


デスクに座ってパソコンに向かうと、
メールの起動にまだ時間がかかっていた。


後ろから、彼が来る気配を感じた。


すぐに後ろからふわっと抱きしめられた。


彼「あぁ…いい匂いする。」
と、私の首元に顔を埋める彼。


寒さで冷えていた体が、一気に熱くなる。


彼に促されて立ち上がると、向き合って、
そのままギュッと抱き合った。


彼「やっとくっつけた。」


私「ふふ。ずっとこうしてたいな…。」


しばらくして、彼が手の力を緩めると、
自然とお互いに見つめ合い、そのまま
引き寄せられるようにキスをした。


やっぱり彼のキスは気持ち良い。


本当に、とろけてしまいそう…。


彼と会えたのはまた2週間ぶりで、
お互いに会えなかった時間を埋めるように、
激しくキスをした。


彼は私のシャツの中に手を入れて、
胸を触ろうとする。


肌に直接触れた彼の手が冷たくて、思わず
「冷たいっ!」と声が出てしまった。


彼「ふふ。ごめんね。」


私はいつも手は温かい方。


彼の手を取り、そっと温めた。


彼「手、あったかいね。」


私「心が冷たいのかもね(笑)。」


そんな会話をしながらも、
キスはお互いにやめなかった。


もう…止められない。


この時、私自身の気持ちを確信した。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 私「どうする?どっか行く?道わかんないから、言ってくれない...

  2. 車が到着する。 「ほら、時間ですよ。帰らなくちゃ。」...

  1. 17抱き合う

    2016/04/04

    時間はあっというまで、帰らなくてはいけない時間になっていた。...

  2. 「なんか…恥ずかしい…」 肌が触れそうで触れない彼...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3