ナギサの想い

誰にも言えない秘密の話。 現在進行形です。。。

  • 記事数 159
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 224

テーマ:恋愛 > 不倫

2016/11/26 17:52:09

  • 9

しばらく上司と話して、事務所に戻った。


戻ってすぐに彼からメールがきた。


彼 "聞いた?"


私 "聞きました。予想外。"


すると彼から今度は電話がきた。


シンくんのこととか、今後のこととか、
色々と仕事の話をした。


彼「俺、細かいことうるさいけど平気?」


私「それは私も負けません(笑)。」


彼「そうかな?」


私「私が細かいことうるさいから、
シンくん嫌になったんですよ、きっと。」


半分冗談だけど、半分は本気だった。


将来のことを考えて…とは言っていたけど、
私との人間関係が原因で、ってことも
考えられないことはない。


私のせいかもしれない、って思いは、
シンくん本人も上司も否定してたけど、
私の中では完全に消すことはできなかった。


彼「それはない。ナギサさんでダメとか
そんな贅沢なこと言うなら説教だな(笑)。
そんな奴どこ行っても通用しねーよ。
散々ナギサさんにサポートしてもらって、
感謝はあっても、それはないでしょ。」


本当のところは分からないけど…
彼がそう言ってくれたのが嬉しかった。

(上司も同じようなこと言ってくれたけど、
まっっったくときめかないから不思議…(笑))


彼と色々話して、最後に彼が言った。


「とりあえず、今よりもっと、しかも
堂々とナギサさんと会えるようになるね。
それだけで俺、遠くてもがんばるよ。」


ズッキューン…(///ω///)♪

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 翌日、朝早くから彼からメールがきた。彼 "今日上司から...

  2. シンくんが抜けたら、今シンくんの担当してる顧客やエリアを...

  1. 翌朝、ホテルのロビーでジュンイチが待っていました…わた...

  2. これは...シンイチさんにとんでもない噂を流されてた時の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/24 編集部Pick up!!

  1. 大御所パートの退職喜んでいたら
  2. 夫にダイエット強要されて限界
  3. 悲劇のヒロインぶる友人に失望

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3