私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 215
  • 昨日のアクセス数 67

2016/11/26 18:22:49

  • 44
  • 2

心も身体も少し余裕が出来始めていた頃。
スキルアップのために転職した。

そこで人生最大の転機が訪れる事になる。

私は20歳になっていた。

直属の上司。
伊井さん、27歳。
この若さで役職がついていて、仕事が出来る。
教え方も丁寧で、時には厳しく。
基本的には穏やかな人。
私はすごく尊敬していた。

仕事以外で話す事はなかったが、
会社の飲み会で距離はすぐに縮まった。

その日の飲み会、
私は仕事の都合上、出席するのが少し遅くなった。
居酒屋に着くと、ひとつだけ空いている席。
ここだよ、と隣の人が手招きしている。

伊井さんだった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. 円さん(29歳)ID:5674972・11/28

    シオンさん
    コメントありがとうございます(*^^*)
    『いい』さんです♪
    これからもお付き合いください(^^)

  2. シオンさん(37歳)ID:5670473・11/27

    初めまして。
    楽しく読ませてもらってます。
    (*^^*)

    ところで、伊井さん。
    読み方が分かりません。
    「いいさん」?ですか?

関連するブログ記事

  1. その飲み会には他に、何人かの知り合いも居たからわ...

  2. 当日。隣のチームのマネジャー 藤野さん。私のチームの先...

  1. 年に一度、会社で盛大な会合がある。お偉いさんと営業さんた...

  2. お仕事で20歳年下の上司が遠回しに私が仕事が遅いと言いたかっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 同じ月齢の子がハマる物みて不安
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3