ブログランキング29

一生忘れることの出来ない恋

たくさんの人に応援していただいたミユとHIROの恋。ゆっくり更新していきます。

  • 記事数 232
  • 読者 953
  • 昨日のアクセス数 16023

エリちゃん2

しおりをはさむ

2016/11/26 17:21:52

  • 166
  • 0

『ミユはどうしたいの?』

『……わかんない。』

『私としては昔応援してたし(笑)、
またミユとHIRO先生がくっついてくれたらなーって思っちゃうんだよね。
ミユに遠くに行って欲しくないし。』

もう、そんなこと言わないで。エリちゃん。



『ねー、エリちゃん。エリちゃんは今の彼氏と結婚したいんでしょ?』

『うん!プロポーズ待ち。
なかなか決断してくれないんだけどね。』

『それってどういう感じ?』

『えっ?』

『私がおかしいのかな。
なんかもーよくわからない。
ユウタと会いたい、とかもっと一緒にいたい、とかは思うんだけど、結婚して静岡に行くってなったとたん
そこまでして一緒にいたいか……ってなったとき
首を縦に振れなくて。』

『……もーさ、この際もう一度HIRO先生に告白しちゃえば?!』

『はっ?!無理無理無理無理!!!!』

『なんでー?』

『だって、彼女いるし
断られるの分かっててそんなこと出来ない笑!!』

『きちんと断って貰えれば忘れられるよ、きっと。』

『ムリー!!自分から別れておいて、
数年後ひょっこり出てきてまた告白なんて……。
ただの迷惑な人じゃん!!』

『そっかぁー。
でも、話を聞いてるとミユはまだHIRO先生に気持ちがあるように見えるんだよね。
今彼氏がいて、HIRO先生にも彼女がいてどうにも動けないから、頭でこのままHIRO先生を忘れるしかない!って暗示をかけてる感じがする。』

『……でももうこのまま暗示をかけて過ごすしかないもん。』

『ふーん、それでいいんだー。』

明らかに不満そうなエリちゃんだ。
でももう今さら動けない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 結婚記念日を覚えやすい日にしたが
  2. 電車の席譲らない人に逆ギレ
  3. 「生体販売の実情」知って複雑

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3