私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 138
  • 読者 199
  • 昨日のアクセス数 98

2016/11/26 15:17:50

  • 29
  • 0

仕事が始まり、覚える事が山ほどある。
新入社員も関係なく、残業もあった。

彼氏は高校三年生。
部活も引退して大学も決まっていたリョウには時間がたっぷりあった。

私は就職と同時にひとり暮らしを始めていた。
家に帰ると毎日リョウは来ていた。
まだ高校生だから毎週って訳にはいかないけど、土日は泊まりにも来ていた。

さすがに心配になって
『こんなに毎日来て、お泊まりもして大丈夫なの?』

これがいけなかったようだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そのうち、私は高倉さんが率いる新チームに呼ばれ、また仕事が膨...

  2. サユリさんは、リョウちゃんにも卒業プレゼントをリクエストして...

  1. 『俺は毎日会いたいのに‼』リョウは泣き出した。私も会い...

  2. リョウ『あそこに座ろうか、、、』私達は近くにあったベンチ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/30 編集部Pick up!!

  1. プレミアムフライデー忘れていた
  2. 喧嘩中も挨拶を欠かさない理由
  3. 怖いカップルに娘がぶつかったら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3