私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 215
  • 昨日のアクセス数 88

2016/11/26 15:17:50

  • 29
  • 0

仕事が始まり、覚える事が山ほどある。
新入社員も関係なく、残業もあった。

彼氏は高校三年生。
部活も引退して大学も決まっていたリョウには時間がたっぷりあった。

私は就職と同時にひとり暮らしを始めていた。
家に帰ると毎日リョウは来ていた。
まだ高校生だから毎週って訳にはいかないけど、土日は泊まりにも来ていた。

さすがに心配になって
『こんなに毎日来て、お泊まりもして大丈夫なの?』

これがいけなかったようだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 三年生になって、すべてが上手く行っていた。授業は専門的な...

  2. これからのことを考えなきゃ・・・帰る場所もなくなった・・...

  1. リョウちゃんとも順調だった。それは学生のリョウちゃんが、...

  2. リョウ君は大学に着くと大きく深呼吸した。とっても広い大学...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/26 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3