コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…只今、お話休止中 m(_ _)m

  • 記事数 3222
  • 読者 298
  • 昨日のアクセス数 1958

好きになっても良いですか?サトシの場合61

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/26 21:43:40

  • 16
  • 0

………









チヒロのお母さんに言われて



「お邪魔します。これどうぞ。」



紙袋からスイーツの箱を出して
お母さんに渡すと



「わぁ!チヒロに聞いたんですか?
私ここのスイーツ大好きなんです。」



かなりの喜びよう



「はい、チヒロさんに聞いて選びました。」




「嬉しいです。…あ、料理出来てるので
食べましょうよ?」



「ありがとうございます。」



人懐っこい所とかがチヒロに似てる
顔は母親似ではないんだな…


とういうことはチヒロは父親似なんだ?



キッチンに案内されて


「サトシさん、どうぞ。」


チヒロに椅子を引かれて


「ありがとう。」


俺は座った…



綺麗に並べられた
お皿の中に美味しそうな


料理が並べられていた



「久遠さん、お仕事は?」


早速聞かれた…



「教師をやっています。」



「フフッ…もしかして
チヒロの高校の先生ですか?」



ドキッ…


チヒロ、言ってなかったのか?


チヒロをチラッと見たら


首を振っている

言ってなかったのか…


「すみません…お話するのが
後になってしまって…

チヒロさんと同じ高校です。
チヒロさんのクラスの隣の担任をしてまして。」



「あら?何処でチヒロと
そういう仲になったのですか?」


「お母さん?」


「何?チヒロ?」


「サトシさんに色々聞きすぎだよ。
先に食べ始めようよ?」


「あら、そうだった。いただいましょう。
久遠さん、お皿用意してますので
好きなものを食べてくださいね。
お口に合うかわかりませんけど…」



「はい。いただきます。」


チヒロに助けられて
少しホッとしたけれど、
多分…また後で聞かれるだろうな…










………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ノワ、お腹すいたよね?今、ちょうど出来たとこ。」グ...

  2. 依存。18

    2015/01/05

    ドキドキしながらヒロトの家の前に着いた。「ただいま〜。連...

  1. お母さんとパーティーの準備を始めた。わたしはリクエストし...

  2. キクちゃんの誕生日当日。キクちゃんのお母さんの許可をもらい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 私を捨ててバツ1女性を選んだ彼
  2. 「放置親」の必須アイテムは
  3. 中2の娘に恋人できて心配する親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3