私の恋路

恋を知り、愛を見つけるまでの物語。

  • 記事数 147
  • 読者 212
  • 昨日のアクセス数 426

2016/11/26 11:39:56

  • 27
  • 0

ジュンくんはいつも、私を抱き締める様に座る。

私『ジュンくん、今度放課後でもいいからデートしない?』

ジュンくんは
『デートしたかったの?』
って、優しく微笑んだ。

私『うん。家だけじゃなくて、たまには二人で出掛けたいなって』

『俺は一緒にいられるだけで、充分だけどね』


何かが、腑に落ちなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 不安

    2016/11/26

    交際は順調に続いていた。アルバイト先に迷惑にならない程度に...

  2. 三者三様

    2015/04/22

    平川さんは私の目をしっかりと見て話をしている。ジュンへの...

  1. 疲れた

    2015/05/06

    二人から責められて、ジュンは黙ったまま。私はくだらない...

  2. 「ひどい母親でしょう?」平川さんは自嘲気味に呟いた。  ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3