カサンドルさんのブログ

  • 記事数 483
  • 読者 71
  • 昨日のアクセス数 107

【母親学級④】

しおりをはさむ

2016/11/26 12:20:29

  • 3
  • 0

2回目の母親学級の日が来た。

その間、仕事はもちろん、定期健診、レース編み講師の講座もあり、あわただしい。

5日から、飼い猫のゆきが私と剛さんの家にお泊りしている。
初日は、違う環境だったのか、ニャーニャー泣きだしてしまった。
「ゆきちゃん、お父さんとお母さんは、ベネチアとミラノに行っているの。帰ってくるのは、15日の夜だから、それまでの間、私と剛さんの家でお泊りよ。」
「ニャー(そうなんだ。)」

飼い猫のゆきに、キャットフードを与えた。
キャットフードを見るや否や、さっさと食べ始めていた。

母親学級の日も、いつものように、早めに家を出る。
お腹も大きくなり、満員電車に乗るが辛くなってきた。歩きスマホ、出張乏しきサラリーマン、OLの方が引くキャリーケースなど、神経を使うことが多い。せめて、キャリーケースは、空港に送ってくれるといいのに・・・そうすれば、安全で快適に過ごせるのに・・・って、ないものねだりだ。

母親学級がある別の地区のコミュニティーセンターに着いた。
少しずつ、寒くなってきた。
あかりさんを見かけたので、
「おはようございます。あかりさん」と声をかけた。
「おはようございます。カサンドルさん。」
「プレパパ・プレママ体験の方、参加できそうですか?」
「ええ。主人が参加すると・・・」
「私のところも、OKよ。後は、あゆみさんのところね。」
そんな話をしていたら、
「カサンドルさん、あかりさん、おはようございます。電車がポイント故障で、遅れそうになって・・・」
息を弾ませながら、言った。
「まあ、どうしたのかなって・・・話変わりますけど、19日のプレパパ・プレママ体験はご主人、参加できそうですか?」
「参加すると言っていました。」
「よかったあ~」

早速、講義が始まった。
助産師の蘭々先生が、
「今日は新たに、メンバーが一人入ります。リョウコさんです。では、自己紹介をお願いします。」
「今日からご一緒するリョウコです。本来であれば、初回から参加予定でしたが、体調が悪くなり、別の日の講座を受講していました。よろしくお願いします。」
「よろしくお願いします。」

「今日は、赤ちゃんの抱っこの仕方、おしめの変え方をお話します。また、着替えと沐浴の仕方は19日のプレパパ・プレママ体験の日に教えます。当日、ご夫婦で参加される方は挙手を・・・」
全員が手を挙げた。
「全員ですね。では、リストに書いておきます。プレパパさんには、妊婦さんの体のマネキンをつけて、実際に階段の上り下り、布団の上げ下ろしを体験してもらいます。では、早速、赤ちゃんの抱っこの仕方とおしめ変え方を説明します。これは、ご主人にも教えておいてくださいね。」
「はい。」

「最初におしめの変え方ですが、皆さんの前に置かれている人形を使って練習しましょう。本番は、実際に皆さんのところに生まれてきた赤ちゃんです。なお、お人形は、おしめ交換の練習の時に、家でも練習できるよう、持ち帰って構いません。」

「最初にすることは、下半身が汚れている場合、きちんとウェットティッシュでふいてから、新しいものに取り換えてください。また、男の子場合、おしっこを引っ掛けられる場合もありますので、要注意です。おむつを開けたらすぐ、これから使う新しいおむつを上からそっとかぶせておきます。そうすると、おしりふきを取ったりなどしている間に「あれー、噴水がー!」という事態を避けることができます。」

「今回は、人形を使っての練習なので、汚れがありません。足を持ち上げて、おむつを置いてください。そして、おむつの両サイドにあるテープをはがして、装着すれば、完成です。最近は紙おむつが主流なので、メーカーさんにもよりますが、快適に使えるものが薬局、スーパーで売られているので、サイズを確認したうえで購入しましょう。」

みんなで練習をする。
「神崎さん、テープの位置が少しずれているので、きちんと貼るようにしましょう。」
「はい。」
「あかりさんは、緩くなってきているので、赤ちゃんの体にフィットさせるように。」
「はい。」とあかりさん。
「あゆみさんとリョウコさんは、赤ちゃんの下半身を持ち上げる時、スムーズに新しいおむつを敷くようにしましょう。」
「はい。」とあゆみさんとリョウコさん。

教わったことをメモする。

「今日は初回の練習でしたので、家でも、時間を見つけて練習してください。次は、抱っこの仕方です。先ほどの人形を使って練習しましょう。」

今度は抱っこの練習だ。
「抱っこをする時は、赤ちゃんの頭がお母さんまたはお父さんの右腕の上に来るようにします。」
みんなで練習する。
「あかりさん、この体勢だと、頭が腕からずり落ちますので、なるべく、頭が右腕の上に来るようにしましょう。」
「はい。」
「神崎さん、リョウコさん、あゆみさんもですよ。」
と助産師の蘭々先生からの指導が入った。

2時間の講義が終わった。
「抱っことおしめ交換の練習は、生まれてくるまでの間に、時間を見つけて練習してください。また、ご主人にも教えましょう。今日の講義はここまでです。19日のプレパパ・プレママ体験では、沐浴と着替えの仕方、プレパパさんたちにマネキン装着をしてもらい、階段の上り下りなどを体験してもらいます。では、19日に。」

「ありがとうございました。」

講義の後、リョウコさんが、
「どこかでお昼を食べませんか?」と誘ってくれた。
「いいですね。」と3人で賛成した。
「場所はどこにしましょうか?確か、最近できたスパイシーカレーのお店が駅前にあったと思うのですが…」
とあゆみさんが言った。

意気投合して、そのお店に行った。
そして、スパイシーカレーを注文した。

御料理が運ばれてくるまでの間、
「抱っことおしめの変え方、練習しないといけませんね。」
「そうですね。あと、19日の沐浴と着替えの仕方も・・・沐浴用のベビーバス、まだ買っていなくて…」と私は言った。
「あっ、うちも。ミタムラで探したけど、なかった。誰か、ベビーバス買った人、いませんか?」
「私は、ミタゾノで買った。あそこなら、種類も豊富だし・・・」とリョウコさん。
「ミタゾノか。初めて知ったわ。今度チェックしてみます。」
と私とあゆみさん、あかりさんが言った。

運ばれてきた御料理を食べながら、
「このカレー、パンチがきいているね。」とあゆみさん。
「本場はどこだろう?」
テーブル脇のメニューを見たら、インドのものだった。
「そう言えば、インドカレーと言ったら、主人と今の家が決まった時に、別の店舗で食べに行ったことがあるわ。」
「本当?いいなあ。ナンがついていて、1000円も行かなかったかな?」
「安くてお手ごろね。」とリョウコさん。

話は尽きなかった。
ベビー用品でまだ買っていないものをチェックし、買いそろえないと・・・

お昼の後、銀行へ振込手続きなどの支払関係を済ませて、家に戻った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 出産予定日を過ぎてプレッシャー
  2. 1歳娘が左利き 矯正するか悩む訳
  3. 「理想の男性は父」彼をつい比較

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3