シホノオハナシ*

  • 記事数 34
  • 読者 5
  • 昨日のアクセス数 2

2016/11/26 10:36:42

  • 2

それからすぐに、ちょびっと喧嘩?言い合い?になった。

私には他に男性がいるんじゃないか。と

知り合ったきっかけがSNSだということもあって、「シホの携帯に、そのアプリが入っとんのも嫌や」って言われた。

彼氏でもなければ、付き合ってもいない。

しばらく返事に困っていると、電話がかかってきた。

今までにない低い声。

「ごめん。でも、好きやから不安やねん。
他のやつのとこ行ってほしくないねん。
他のやつと付き合って、
シホと会えんようなるって考えたら…
やっぱり、俺じゃダメなんかな。
もっと、ちゃんとしたやつじゃないと
あかんのかな…」

初めて聞いた弱音だった。

私にまっすぐ来てくれるお兄さんに、私は誤魔化し続け、こんなに傷つけていた。

「でもな、俺は頑張るねん!
シホは俺と付き合うねんで!」

明るく振舞ってくれるお兄さんに、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. もしもし…?タケル?私。サエ。おー、どした?なんか用?...

  2. これまでケイゴとしか付き合ったことのない私。回りを...

  1. 告白

    10/02

    『付き合ってくれへん?』ストレートに告白された。...

    15年

    • 0
    • 0
  2. 09/13

    それは突然で。自宅の電話が鳴ったまだ携帯が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 離婚届不受理にしてもらうか迷う
  2. 母が息子に結婚を急かす心理は
  3. 夫の月収45万円で専業主婦可能か

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3