Love Story …

切ない恋の物語 

  • 記事数 215
  • 読者 1084
  • 昨日のアクセス数 72

高校時代174

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/26 00:59:16

  • 217

※現在の話に戻ります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


純平は、私の話を
ずっと黙ったまま聞いていた。


「ゴメンね……


こんな話、聞きたくなかったよね。」



男の人には過去の話はタブーだと
ミオにいつも言われていたのに


私は、純平に
ありのままを話してしまった。


モヤモヤしたこの思いを
純平ならきっと
受け止めてくれる…と


つい、甘えてしまった。


言ってしまってから後悔しても
もう遅い。




「何で謝るの?」



「何で…って

こんな話、面白くないでしょ?

メチャクチャ重いし、、、」



「別に…昔の事だし


気にならないけど?」



「…でも…」



「いちいち気にすんなよ。


聞きたくなかったら
途中で話遮ってたよ。


俺の性格わかってんだろ?」



「……うん。」



「そんな事よりも、よく我慢してたな。」



「……え?」



「当時…


相当しんどかっただろ?」



純平のその一言に


抑えていた感情が
再び、よみがえり


我慢しなくちゃいけないのに


どうしても出来なくて


涙がポロリと零れ落ちた。



今は純平の事が大好きなのに…


その気持ちは間違いないのに…


この感情は一体、何なのだろう?



普段は全く思い出さないのに


たまに諒太の事を思い出すと


今でも…


物凄く胸が切なくなる。




「きっとさ…


諒太にも、何か理由があったと思うよ。


彼女と付き合うまでの間


まゆの知らない所で
物凄く悩んでいたのかもしれないし
苦しんだのかもしれない。


今でも、まゆの事
大切に思ってるのもわかるし


少なくとも、俺の知ってる諒太は
理由もなく、酷い事をするような男じゃない。


そうだろ?」



「…うん。」



「だから…


辛い思い出として思い出すのは


もうやめな。」



彼はそう言って
私を優しくフォローしてくれた。



彼の言葉に


不思議と、胸の奥に引っかかっていたものがするりと抜けて


さっきまでモヤモヤしていた気持ちが
スッと軽くなっていく。


「俺的には…

お前が諒太とくっつかなくて

良かったけどな。」


「え?」


「だって、もしお前らが付き合ってたら


俺はお前と付き合えなかった訳だし。」


「あは、、、確かに(笑)」


今の幸せは


辛い経験の上にあって…


だからこそ、自分は成長できて


彼と出会う事が出来て…


あの頃は
まさかこうなるとは
思っていなかったけれど


純平の一言に


あの経験も無駄ではなかったのだと


そう思えて…


何だか救われた。



「あのさ…


明日、部活3時までだけど…


それでも良ければ
終わったら俺んち来ない?」


「……え?…いいの?」



「俺が会いたいんだよ。

迎えに行くから。」


純平の言葉が嬉しくて
胸の奥がキュンとなる。


「……ありがと。」


「なるべく早く帰るから、待っててな。」


「……うん。」


「じゃあ、明日早いから

もう切るな。」


「うん。」


「まゆ!」


「ん?」


「ちゃんと寝ろよ。」


「うん、わかった。」


「よし。じゃあな、おやすみ!」


「うん、おやすみ。」


「愛してるよ。」


「うん。………えっ…?」



驚き、戸惑っている私の返事も聞かず
 

彼は、笑いなら
言いたい事だけ言って
ぷつりと電話を切った。


「ちょっと、、、言い逃げ?」


繋がっていない電話に向かって
思わず…声に出してしまう。


そんな事言われたら
よけい寝られないじゃん…


そう思いながらも
  

私の気持ちを少しでも
ほぐしてくれようとしたのだと


彼のそんなさり気ない優しさが
とてもとても嬉しかった。






*

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ドサッ…自分の部屋に戻りベッドになだれ込むあま...

  2. 中学時代の彼女も気になりながらも……有紀ちゃんの学生時...

  1. 一体私は…何を見ていたのだろう?彼は少し...

  2. 『航平くん、足ってこんなに開くの?』『たぶん…そういう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 同棲の家追い出された子泊めたら
  2. 母が余命わずかで従兄弟から求婚
  3. 仕事辞め海外旅行いく価値あるか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3