好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 801
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 196

♧abc。。。「解離」26 刹那の秘密

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/11/25 19:34:16

  • 3

……







奮発してホテルの中華料理店へ


美味しい料理に舌鼓…


BARでピアノの生演奏を聴きながら

カクテルを…




……



僕は部屋の鍵を

フロントで受け取り部屋まで

酔った真珠を連れて行く






……





*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*







「 あぁぁぁ…ヤダヤダ

真珠を酔わせてさ…あんた…何かする気? 」




ベッドに真珠を寝かして数分後

マジュが現れ



真珠の容姿も変わった…




髪にウエーブがかかってる

瞳の色が違う…

鋭い眼差しが…まるで獲物を狙う女豹



さながら僕は狙われた子羊か?




マジュは起き上がりベッドの淵に腰掛け

長い脚を組んだ…鋭く僕を睨みつけながら


「 先生も懲りないね…あははは

(自分の喉を人差し指でスーッと横に線を引く)

あの時…私が付けた喉の傷は治ったの?」



更にマジュは僕を挑発する…

「 暑い…暑い 」とブラウスのボタンを外し

ふくよかな胸が露わに…




僕は両手を頭上に参ったのサインを…

「 マジュ…降参だよ

僕は、君と話がしたいだけなんだよ 」




マジュが顎に長くて細い指をあてながら



「…真珠はね…あんたの事が…好きみたいだ

でも、私は男が嫌い…憎い

あんたを傷付けると…真珠が悲しむんだ…」




マジュの時の記憶は真珠には無い

…だけど…

マジュは違う…真珠の時の記憶に感情

全て分かっている




僕は頷き…

「 だから今夜は…マジュ…君に

僕の過去と秘密を話そうと思うんだ

僕自身を君に理解して貰いたい

精神科医としの僕ではなく…」




フンッっと鼻で笑ってから

マジュは頷く…爪を噛みながら







…僕は話した身体の秘密を…





……






*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*







「 僕は元は女だった…っと言うか

ちょっと難しいんだけど。。。


僕の身体は生まれた時から

少々問題があった


……



Y染色体をもち…体内に精巣が有る

男性ホルモンも作られる

だけど受容体がな…」



フーッと

息を吐き出す…刹那




「 不幸な事にそれらが揃っているのに

外性器が…男性化し無いこともあるんだ

それを

完全型アンドロゲン不応症(AIS)って

いうんだよ





あっ!

【アンドロゲン】って男性ホルモンの事だ 」






「 ……… 」マジュは黙って聞いている


理解しているのだろうか?…




「 見た目は女だけど…身体の中身は男性

そんな事とは知らずに僕は生きて来た

それでも

思春期になる頃から自分の性別には

違和感が生まれてた



小4の頃!女友達がみんな初潮を迎えるのに

僕には無い

普通に遅いだけだとその時は思った




14の頃…背が驚くほど伸びた

声もだんだん低くなって…


生理はまだ無い




おかしい…おかしい…僕は

母を問い詰める…母は泣いた


「 あなたは

遺伝子変異が原因の

【 性分化疾患 DSD 】なのよ」って言った


……



16で僕は全てを受け入れた




……




「 色々と調べた結果


逆のパターンもあるって事に行き着いた


卵巣…子宮…卵管があって女性


Y染色体が無くても

副腎という組織で

アンドロゲンが作られてしまうと

外性器が男性化してしまうんだ


副腎でアンドロゲンが

作られるという異常が原因で…


分かりやすく言うと

胸も膨らんで体つきは女性なんだけど…



性分化疾患(DSD)は体の状態が一部

普通とは異なっているんだ



僕は

男でも…女でもない

第3の性、 中性、男性女性を

選べる人間だったんだよ 」











僕はマジュに全てを話した

マジュは腕を組んだまま考える



「 刹那先生は、今

どっちなの?…男…女

真珠を愛する事は出来るの? 」




マジュの問いに

「 僕は…男になる事を選択した

心も身体も男だよ

……

だから真珠さんの全てを愛せる…」



マジュの目が少し優しくなった様に見える


「 話すの…真珠にも?」



僕は答えた…「 多分話さないだろ 」




頷くマジュ…

ベッドに横になりながら

「 あんたなら真珠のこと…幸せにし…




えっ!


僕は焦った…慌てて

「 待て…待て マジュ…話は此れから

……


もう…復讐はやめるんだ…」




微かに聞き取れる声で


「 や、やめない…あと二人…あと。。。」







…シーン…








外が少し明るくなって来た

カーテンをめくると

白いものが見えた…






……



……














【 完全型アンドロゲン不応症 】は

性同一性障害ではありません


【 性同一性障害GID 】

通常の男性の体に女性の体

心の性と一致しない

精神的な現象






【 性分化疾患 】の【主な治療法】

内科的には

性ホルモン療法が行われ

外科的には外性器形成術

男児における尿道下裂修復術

女児における陰核短縮術など

カウンセリングも重要




……



……

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「…ね…せんせい…?」少しウトウトし始めた時だった。...

  2. 闇の中で息を殺して待つ。街灯の明かりが ゴーグルの端で反射...

  1. 部屋の灯りをぼんやり眺める少し薄暗いそのライトはふたり...

  2. だから暴力が嫌い。家での暴力が怖い。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 子に苛々をぶつけてしまい嫌気
  2. 娘が通う学校の教諭に腹が立った
  3. 迷子の男児と話が通じなくて困る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3