Love Story …

切ない恋の物語 

  • 記事数 215
  • 読者 1088
  • 昨日のアクセス数 85

中学時代(過去)169

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/25 00:45:59

  • 147

その後、しばらくしてから
再び昔話で盛り上がった。


あの頃はああだったね…とか


こんな事もあったね…とか


懐かしくて楽しかったけれど


時折ふと、会話が止まり


ぼんやりしたり
悲しそうな顔を
しているようにも見えて


何だかおかしいな…と、感じた。



しばらく様子をうかがっていたものの


話したい事があると言って
やってきたはずなにのに
いつまで経っても話す気配がない。


彼が全く動き出さないので
私は、自分の気持ちを
先に伝えようと話を切り出した。



「…あのさ…



私も、諒太に…話があるんだけど」



「え?何?」



「凄く…真面目な話。」


私は、ゆっくりベッドから降りて
彼の正面に座った。


大きく息を吸い込み
深呼吸をする。



大丈夫…



きっと言える。



今までの思いを



精一杯伝えなきゃ……



静かに目を閉じ心を落ち着かせ
再び…大きく開いた。



真っ直ぐ彼を見つめると


私が改まった態度だったからか


彼もまた…


一直線に、私を見つめ返してきた。


「あのね…


ずっと…言いたくて


言えなかったんだけど…」



「……うん。」



彼の瞳があまりにも綺麗で


思わず吸い込まれそうになる。


そのせいなのか


極度の緊張に身体が強張り


身動きがとれなくなってしまった。

 

《好き…》



たった一言なのに


恥ずかしくて
なかなか声を出せない…



そんな私に


どうしたの?…と
おどけたように
私の顔を覗き込んでくる諒太



その笑顔があまりにも優しくて


あまりにも眩しくて


今まで我慢していた思いが


次から次へと溢れてきて



思わず…


泣きそうになった。





*

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「ハァ…ハァ…」バスケ部の部室に着いた瞬間身体中が...

  2. 「えっとね……」心の中では何度も言えるのに今...

  1. どれだけ泣いただろう?泣き疲れて…身体が鉛のよう...

  2. 体育館中の人々の視線が一斉にその声方向へと集中した。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 母の「呪いの言葉」が全て現実に
  2. 夫の不倫相手が慰謝料支払い拒否
  3. バツあり子持ちは「泥棒」と思う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3