ブログランキング82

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2528
  • 読者 141
  • 昨日のアクセス数 3618

好きになっても良いですか?サトシの場合57-2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/25 18:23:49

  • 14
  • 0

………

※エッチなお話になります
 苦手な方はスルー願いますm(_ _)m
♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪









キスに夢中になっていたら


俺はチヒロの一言で
理性が吹っ飛んだ…



「サトシ…さん…好き…」



「チヒロ…」



頬にキス


耳にキス…


「あぁ…ん!…」


チヒロは耳にキスされるのが弱い…


唇にキス…


俺が舌を絡めたら
チヒロも絡めてくる…


夢中になって
キスしていると


チヒロが俺の服を脱がしだした


えっ?


「ちょっと…チヒロ?」


フフッ


チヒロは俺に微笑んで

チェックのネルシャツのボタンを
はずすと…



中に着ていたTシャツも脱がす



チヒロが起き上がり
俺を下にして


胸にキス…


チュッ…


その姿が高校生ではないくらい
色っぽくなってる



ヤバイっ…と思ったら


ジーンズのベルトまで
はずし…脱がした


ボクサーパンツだけになった俺を

ドヤ顔で見つめ


俺自身を優しく触る


「…んっ!」


「サトシさん?気持ちいい?」


「んっ!気持ちいい…」


ダメだ…チヒロ流されてる


「ストップ!」


我に返り、チヒロを下にして

俺はチヒロに言った


「いたずらする奴には
お仕置きだな?」


チヒロはびっくりした顔をした


俺は瞬く間に
チヒロの服を脱がす


両腕で身体を隠そうとした
チヒロの腕を一纏めにして

頭上に置いた


「サトシさん…イジワルしないで?」


不安そうな顔をする
チヒロに


「それはどうかな…」


胸にキスを落とし
乳首を舌で転がすと


「あぁん…」



可愛く喘ぐチヒロにそそられる…








………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. ママ友からLINEで絶縁宣言された
  2. 復縁した彼の上から目線な発言
  3. 結婚式するしないで日々ケンカ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3