好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 800
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 196

♧ abc 。。。「解離」25 刹那と真珠

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/11/24 18:40:44

  • 3

……

……



映画のエンドロールが…

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう



……




好きな人の隣で観る映画って

こんなにも幸せな気持ちになるんだと

初めて知った…




……






二種の味の入ったポップコーンを

彼女が買って欲しいと言うので

僕は烏龍茶とセットで注文

……



映画を観てる時の彼女は

手を叩きながら笑ったり

時には僕に抱き付いてきたりと

実に素直な反応を見せるから

映画よりも彼女を見てる方が

楽しかったかも知れない…





……







ふっと気がつくと

刹那先生が私を見てるし…


…かぁって…


顔が火照ってくる…それでも

私は気づかないふりをして

スクリーンを観続けた…





……






映画が終わって

次々と席を立つ人たちに押されて

真珠さんと離れてしまった…





……





「 刹那先生!! 」って


振り向いたら…若い男性と目が合った


……


見える範囲には刹那先生の姿がない


……トイレかな?……


とにかくグッズを買う為に

売り場に向かう事に





……



いた!グッズ売り場に

真珠さんがグッズを買う事は想定内

真剣に選んでいる

自分に?…それとも…誰かに?





……





どれにしようか悩みます…


秋斗くんに冬魔くん…それと自分の為に

刹那先生とデートの記念に…


ポンポンっと肩を叩かれた

…⁈…


「 刹那先生…遅いですよ…」って誰?

知らない若い男性が目の前に…


「 ひとり?…君…凄く綺麗だね

……

俺も一人なんだけどさ

ご飯でも一緒に行かない?」




ゾワゾワと虫が背中を這い回る

ドクンドクンっと心臓が…


「 ねぇ!行こうよ…」腕を掴まれた



嫌だ…せ、刹那先生助けて…







……







ん?…さっきから

彼女の周りをウロウロする若い男の姿が





グッズ売り場は混雑していて

なかなか真珠さんに近づけない


…⁈


男が声を掛けた


真珠さんの顔に浮かんだ不安げな表情



男が腕を掴んだ…



グイッと

その手を僕が掴んだ



えっ!…驚いた男が

真珠さんの腕から手が外れた



……


優しい声…だけど何処か鋭い声が

男の耳に…



「 すいません…彼女に何か? 」




突然声を掛けられて

驚く男は直ぐには声が出ない

目を白黒させるだけ


男の目の前に立つ奴は

長い髪を後ろで縛り…顔は優しげだけど

目が怖い…深い闇が見える




……






男の反応が無いので僕は真珠に



「 真珠…待たせたね

ご飯…食べに行こか?」




真珠は笑みを浮かべ

腕にしがみついて来た







……






「 刹那先生…


怖かった…怖かった


マジュが出てくるかと思った…」


心の支え…刹那先生の腕にしがみついて

呼吸を整える…







………








ぎゅっと腕が抱きしめられる


僕は笑いながら

「 真珠…痛いですよ

もーう大丈夫だから…それより

何が食べたい?…」







……







えっ!


今、真珠ってさん付けじゃ無かった


「いま、刹那先生…

真珠って呼んだ?真珠って

…」




下から見上げる真珠に


「はい!言いました

真珠って…だから僕の事も

刹那 でいいですよ…」



真珠は俯き

セ、ツ、ナ


「 刹那…嬉しい…」







「 で、真珠は何が食べたいの?

僕は中華料理かな…」




真珠は顔を上げ


「 はい!私も…中華で…」









……



……

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. どこに行きたい?というから映画館動物園ショッピングと...

  2. 映画観ましたかボクは観たくても映画館は人が居ないところ...

  1. お店でまったりお話をしている時、ある映画の話になった彼が声...

  2. その夜は私の家で食べた。というか、洋二郎さんが手料理...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 義母からの土産が捨てにくく困る
  2. 夫が毎日パチンコ通い家計を圧迫
  3. 寒いと言うならお洒落を我慢しろ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3