ブログランキング83

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1238
  • 読者 506
  • 昨日のアクセス数 1271

恋をする女 46

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/25 11:08:23

  • 26
  • 0

パーティーが始まり、幹事さんの進行でそつなく進んでいく。

料理は全て運び終えた。
後は最後のケーキだけ!


余興のゲームももうすぐ終わる…この後は…。
「じゃあしばらく歓談の時間としますので、皆さんゆっくりして下さいね〜」


…あれ!?
幹事さん!ゲームの最後にやるはずのサプライズ忘れてる!!


あたしは慌てて幹事さんに近付いて耳打ちした。
「あーっ!!本当だ……」
みるみる顔面蒼白になる。
このサプライズは、ここには来ていない新婦の妹さんからのプレゼントだったらしい。

「そうだ!こういうのはどうですか!?」


本当はゲームの最後に、景品の中に隠していたプレゼントを新郎新婦に渡す演出だった。
でもゲームは終わってしまった…。
だからいっそ、まったく別の演出にしてしまおう!


会場で皆さんが楽しげに話している中で、あたしと幹事さんはこそこそと準備した。
まずは新婦さんの好きな曲を聞いてスタンバイ。
それから照明を消すのとプレゼントを渡すのは幹事さんに頼むことにして、段取りを説明した。


そう!誕生日のサプライズをマネるのだ!


幹事さんが会場の電気を消して、すぐ扉の外に隠れる。
突然のことに部屋の中がざわついている。

あたしは音楽のボリュームを少しずつ上げた。


 ―Can you celebrateー?


曲は安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」
新婦さんは安室ちゃんのファンらしい。


 Can you kiss me tonight?
 We will love long long timeーーー


その瞬間に扉を開けた。
よし!みんなビックリしてる!!


あとは幹事さんにプレゼントを持って行ってもらう。
片手にプレゼント、もう片方の手にはケーキ用の花火を差したケーキ。
それは先ほど新郎新婦がケーキカットしたもので、二人分だけをハート型のお皿に乗せて先に持ってきた。


ゆっくりと歩いて新郎新婦の前まで行き、ケーキを置いた。
新婦は驚いて手で口を覆っている。
新郎が嬉しそうに幹事さんの肩を小突いた。

「それとこれは、妹さんからのサプライズプレゼント」
プレゼントを渡すと新婦さんは涙を流して喜んでくれた。


会場中が拍手に包まれる。
大成功だ!!

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/22 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3