毒親育ちの呪縛から卒業!120%輝く私になる!

毒親からの精神的呪縛を解き、120%輝く本当の私になる

  • 記事数 3
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 1

【母親への復讐〜毒親育ちのわたしが誓ったこと〜】

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/11/23 23:04:42

  • 1
  • 0

毒親育ち専門カウンセラー いまいさきです。

自分も毒親育ちなので毒親育ち特有の生きづらさ、
考え方などつづっていきますね。

================

私たちは親を含め、
幼少期は「家族」という単位で
生活します。

その中で親から
良いことも、
そうでないことも
学んで大きくなっていくのです。


その幼少期の学びが
大人になった今、
自分の悩みの根元になっているクライアントさんを
たくさん見て来ました。


幼少期には氣がつかないのです。
それが当たり前として生活しているから。



自分が大人になって
社会に出て

周りとの関係を築いていく過程で

・パートナーに怒りをついぶつけてしまう
・私の気持ちをわかってくれる人はいない
・自分で物事が決められない
・言いたいことが言えなくて飲み込んでしまう
・人間関係全般が上手くいかない
・人との距離感がわからない
・いつも金欠状態
・人前で過度に緊張する

など、
それぞれ、悩むことによって
なにかがおかしい、と氣がつくのです。

氣づける人は幸いです。

ただ、なにかがおかしいと
氣づいたとしても

ましてや、その原因が
親との関係性や
親に対しての思い込みだということを
本当の意味で知っている人は
少ないかもしれません。

私は「毒親」という言葉で
子供に悪影響を及ぼす親を
表現しています。

もう少しいうと
毒親というのは
子供から感情の搾取をして
親自身が幼い頃に満たされなかった感情を
満たすために
子供の感情を犠牲にし、
利用する親のことを
さします。


毒親に育てられた方は
圧倒的に「生きづらさ」を感じながら
傷ついた心のまま、
生活しているのですね。


でも、毒親に育てられたから
悩みが解決できずに
堂々めぐりになっている、とは
氣がつかないものです。



氣がつかないから

自分が親になった時に

自分が親に満たしてもらえなかった思いを
立場の弱い子供の感情を利用して
満たそうとするのです。


まさに世代間連鎖です。


毒親育ちが自分もいつのまにか
毒親になってしまうのは
とても多いのです。


それでは、
また自分と同じように
悩みが解決できず、
堂々めぐりで苦しんでしまう人が
世の中に増えるだけ。。。

それでは悲しい、
世代間連鎖を断ち切りたい!と
考えています。



ちょっと私の毒親の話をしますね。
少し長いですが、おつきあいください。


私は、筋金入りの毒親育ちです。

20歳を超えた頃、
決して子供は持つまい、と誓いました。

毒親のようになりたくない、

この人たち(毒親)に育てられた私は、

ほかの育て方をしらないから

自分の子供を同じように

虐待しながら育ててしまうかもしれない。

それはイヤだ。

私もあんな思いを子供にさせるかもしれない、

だったら、決して子供は持つまい。

と誓いました。


今思うと
かなり飛躍した誓いなのですけどね。

その当時は
本氣でそう思っていました。


そして、ここ数年でわかった
子供を持つまいと誓った
もう一つの理由。

憎んでいる母親に
孫を抱かせてなんかやらない!ということ。

もう一つの理由というより
「本当の理由」ですね。苦笑

私は全くそんなことを
思っていなかったのですが
掘り下げセッションで出て来ました。

母親に対する
人生をかけた私の復讐ですね(^_^;)


母親は私の寂しさをわかってくれなかった。

それが悲しくて悔しいから

孫の顔が見たいと言っていた母親が

喜ぶようなことはしない。

自分の遺伝子も残さないが、

母親の遺伝子もこの世に残さない。


潜在意識で誓っていたのですね。


今更ながら
潜在意識の力に驚かされます。


これを読んでいる方には

私のように
毒親への復讐のような人生を
送って欲しくない。

そう感じています。

親に対する本当の自分の思いに
氣がつけば
そこから変わることはできるのです。


そこからはじめればいい。


私もリスタートしたばかりです。

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 同居の義祖母に悪口を言われていた
  2. 愛が一気に冷めた「夫の発言」
  3. 結婚記念日を覚えやすい日にしたが

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3