ブログランキング19

ヒプノティック

下書き。千晴編。

  • 記事数 160
  • 読者 1104
  • 昨日のアクセス数 13282

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/23 23:03:15

  • 188
  • 0

洗濯物干さなきゃ!

涙をごしごしと拭く。

夫婦の営みを邪魔してやりたかったけど、あんまり音を立てて凛太が起きるのもかわいそうだし、先生が来るのを見つかりたくもないので、静かに下り、洗濯かごを持って庭に出た。

焼きプリンはそんなに好きでも嫌いでもなかったが、先生がくれてからはちょっと好きになってきた。


触れられないと落ち着かない、いてもたってもいられないあの衝動は、遥と最後に会った日からほとんど消えている。

早くしなきゃと急いで干していたら、家の前の道路が少し明るみ、私が門を開けたと同時に先生の車が着いた。


窓はすでに開いていて、先生の手とコンビニの袋がにゅっと出てきた。

「はい。食べなさい」
「ありがとうございます…」

ふふっと笑ったら、先生も頭を掻きながら微笑む。


「早かったですね、美咲ちゃん送り届けるの…」

無意識に出た言葉には、ヤキモチが少しだけくっついて、ちょっとだけささくれ立っていた。

美咲ちゃんが…私と同じように先生に迫ったら、私と同じような展開になるのかな。って…
そんな小汚い考えを抱いていた自分に気付き、私ってつまんない女だなぁと落ち込む。

「だって家送るだけだもん。何もないよ。本人元気だったし」

「そうだね…」

じゃあ…プリンを渡しに来てくれたのも、何も意味はないのかな?
なんて…、聞かないけれど。


すると、急に村上先生が笑い出した。

「プリン見たら思い出すんだよね。まんまるで満月みたいで白川の顔に似てない?」


ひっ…

「ひどいぃ~!」

人の顔をプリンや満月扱い!
私が怒ったら、先生は車の中でお腹を抱えて笑っていた。

先生って、実はデリカシーないの!?
私の事、太ってるって思ってたのっ!?


「じゃあね。早く寝なさい。プリン食うのは明日でもいいから」

「あ、うん。夜食べたら、余計にまんまるになっちゃうもんね…。太っちゃうし(嫌味)」
と言うと、また、ぶーっと吹き出された。


「太ってないよ。元気かどうか確認したかっただけだから」

「…元気にはなった。」

「よかった。じゃあ、明日遅刻しないように」

笑顔で頷いて見せると、ウィーンと窓が閉まってゆき、先生は帰って行った。
先生は……こんな風に、遥の家にも通っていたのかな。


プリンを縁側に置いて、残りの洗濯物に手をつけた。
村上先生が来てくれただけで、あっという間に心が晴れた。
これから、プリンと満月を見たら村上先生を思い出しそうだ。

「失礼すぎる…」とつぶやきながら、空になったかごを持ち、軽い足取りで家に入った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 「婚約指輪」を貰えず自己嫌悪
  2. 不妊治療で妊娠やっと報告できる
  3. 夫宛に「隠し子疑惑」のメール

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3