ブログランキング15

Fictions

ありがとうございました。3月中に退会します。

  • 記事数 397
  • 読者 2043
  • 昨日のアクセス数 21078

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/23 19:20:08

  • 159
  • 0

帰りの車では、美咲ちゃんが助手席に座った。
学校から近い私を先を送り届けてもらって、その後バス通である美咲ちゃんちに向かうそうだ。

美咲ちゃんは村上先生が好きなのかな。
運転している先生を見つめる瞳が、いつにも増して可愛い。


私は遥が好き。だけど数日前、先生に抱かれた記憶はまだ鮮明にあって。

もう、先生と身体を重ねることなんてないけれど、ほんの少し、ヤキモチみたいな、先生を誰かに取られたくない気持ちがあって。

それが美咲ちゃんであっても、少し淋しくて。


全部、何もなかったみたいに出来る先生は、すごいな…。



車を走らせ、程無く私の家に着いた。

「忘れ物ないように」

先生が、助手席に手をつきながら振り向き、手を掛けられた美咲ちゃんが頬を赤らめていた。

「先生、送ってくれてありがとうございました。美咲ちゃんも、バイバイ」

「ああ。早く寝なさい。もう10時回ってるからね」
「碧先輩、さようなら!」

そうして、先生の車は美咲ちゃんを乗せて発進した。

……先生が再婚したりしたら、私は新しい奥さんに嫉妬したりするかもしれない。
心も身体も、私の全部を受け止めてくれた事は、先生にとって大した事じゃなくても、この先、先生が忘れたとしても、私はずっと覚えてる。

ずっと変わらない、特別な存在。



そう考えて、ふと気になる事を思い出す。

遥にとって、結愛ちゃんはどんな存在なんだろう。特別な女の子なんじゃないかなぁ…。
遥がいなくなって、結愛ちゃんはどう感じているのかな。
小林先輩は、結愛ちゃんに優しくしているのかな。酷い事されたりしてやしないか、さすがに心配になる。
撮影ごっこの被害に遭ってやしないかと…


「ただいまぁ…」

誰にも気付かれなければいいと思いながら、小さな声で挨拶をして家に上がった。
居間の電気はついたままだ。母と義父がいるのか、義父だけなのか…。

晩御飯はカレーを食べてきたので、居間には用事はない。
お風呂と洗濯だけさっと済ませて、すぐに自分の部屋に入ってしまおうと考えた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先生「話しがあるから、車に乗って」私「うん。」私は...

  2. 84

    10/23

    少し経つと、村上先生が戻ってきた。先生にも結愛ちゃんの姿は...

    Fictions

    • 156
    • 0
  1. 先輩たちが帰って少し経った。先生『そろそろ送っていこ...

  2. “村上 浩輔”先生からの着信に、慌てて電話に出た。「...

    Fictions

    • 217
    • 10

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/29 編集部Pick up!!

  1. 義両親への贈り物でキレられる
  2. 園児に胸を触らせる女性保育士
  3. 元妻と連絡をとっている彼に苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3