ブログランキング12

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1013
  • 読者 1183
  • 昨日のアクセス数 27799

969 恥ずかしい

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/23 18:15:18

  • 163
  • 8

繋いだままの手を離して、それから歩いているからか、少しばかり熱くなってきたので、首回りを緩めて、コートの前を開けた。

『風邪引くなよ。』

『お優しい事で。』

『そうよ、愛妻家だからな。』

ふふっと笑ってしまう。

国道に出て東に行けばって、おーい、コンビニなんてみえないよ、まだ歩くのか。

陽が陰ってきて、あまり目立たなくなって、歩きやすい。
ま、この際いいか。こんな事滅多にない。
腹を決めて歩くか。

洋平がまた手を繋いだ。いい年もこの時間、この道ならね。

『歩くってのもいいもんだな。』

『そうだね、時間も気にしない。行く場所も決めない。あ、コンビニか。』

『それもついで、こんな事今まであったっけ?』

『ないね、洋平との初体験かな。』

『俺との初体験、おお、意味深な響きだなぁ。
なんだかその気になってくる。』

『なにその気って。』

『なんだ、その、この年になると初体験なんてないに等しいからな。
くすぐったい。ちょっとドキドキするとか。』

顔を近づけて言った、その照れたような笑顔に私もほんの少しだけ、ドキドキした。
たかが道を手を繋いで歩いただけでドキドキだなんて、変。

それからはあまり話す事もなくて、ただ手だけがブラブラと揺れて、コンビニについた。

山ほどのアイス、ありとあらゆる種類。

『このアイス、溶けないかな。』

『それなら氷も買え。俺が持つから。』

コンビニもゆっくり見ると面白いものがある。
摘みにタコとかイカ、タンの燻製なんかもある。それらと数種類のポテトチップス、大荷物になった。
大きな袋を一個ずつぶら下げてきた道を戻る。

また手を繋いでる。可笑しい。ひとりでクスクスと笑ってしまう。

『なんだ、どうかしたか?』

『可笑しいでしょ。この手。』

繋いだ手を持ち上げて見せた。

『上等だ。誰に見られたって俺は平気だよ。』

そう言いながら首を傾げてキス!

『おい、やめてよ。』

『これ、オプション、ハハ。』

恥ずかしい。

家についたら、

『もう、どこのコンビニまで行ったのよ。ばあちゃんたち、とっくに帰ってるよ。』

レジ袋を受け取りながら瞳子に言われてしまった。それで顔を見られるのも気恥ずかしい。

『すぐにご飯になるよ。』

『メニューは?』

『お楽しみ。』

外の風に当たっていたせいか、家の中の暖かさがことさらに感じた。

あったかい、ここはいつだってアッタカイ。

同じテーマの記事

コメント8

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5656613・11/24

    ミラさん
    何人か、車の運転をしてる人が、車酔いしてるかもです。

  2. しのぶさん(99歳)ID:5656608・11/24

    リーズさん
    ハハハ

    お目汚しになるので裏メニューで販売してるようです。

    レジでこっそり聞いて見てください(笑)

  3. しのぶさん(99歳)ID:5656605・11/24

    コニーさん
    うん、できましたね。

    帰ることができる場所があるのって、本当に、いいですよ。

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 義母からのLINEが気持ち悪い
  2. 無償で専業主婦するのは変と思う
  3. 義実家の生活費を負担しカツカツ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3